ケースで学ぶWebマーケティングの教科書

  • 秀和システム
3.06
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798020211

作品紹介・あらすじ

新人OL「若月あや」の物語で学ぶWebマーケ入門。Web技術が変えるビジネスの新常識。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • webマーケティングというややもすれば漠然とした言葉。
    本書ではECサイトの立ち上げから成功までを、
    随所に小説風の箇所を挟んで、具体的に変わりやすく綴った内容。

    内容は極めて基礎の内容。
    よって、webを使ったマーケティングをこれから学びたい方向け。

    2008年発刊と、この分野の情報を勉強するには、既にかなり古い。
    但し、考え方は今も通用するものが多かった。

  • WEBマーケの基礎とは?

    →誰に、何を、どうして欲しいをサイトの中で実現させるための理想的なシナリオを描く

  • 化粧品の通販会社でEC事業をいちから始める主人公がウェブマーケティングを学び実践していくという話に沿って勉強していく本。初学者向け。

  • マーティングの中でざっと読める本を探したけど、軽く読める割には結構いい本だった気がします。
    軽すぎて深堀が必要だけど、まったくの初心者には遊び感覚で読むにはいい本。
    むしろ2時間以上かけるべき本ではないです。

    速読が適しているかなー

  • Webマーケティングについての基本中の基本が、8章にわたって書かれている本。

    それぞれの章は冒頭2~3ページで、「とある化粧品会社のECショップの立ち上げ~安定まで」を小説風にえがき、そのあと、具体的にどういうことをすればいいか解説をするという形で書かれています。
    非常にわかりやすい言葉で分量も少なくまとめられているので、「Webマーケティング関係の部署に配属になったけどこれからどうしよう」という感じの初心者の方にオススメです。基本的な流れはわかります。

    簡潔で手軽に読める分、詳細なことや詳しい考え方までは書いていないので、はじめの一歩として読んで全体像をつかむのによい本だと思います。

  • webマーケティング(特にECにおける)の基本書的な一冊。立ち上げから集客、売り上げアップやコミュニケーション、ソーシャルメディア、モバイルに至るまで分かり易く紹介。「誰に何をどう伝えるか」事例を交えながら説明されている。

  • 66/127

  • つぶやきから始まるコミュニケーションtwitter

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする