Accessのデータベースのツボとコツがゼッタイにわかる本

著者 :
  • 秀和システム
3.73
  • (5)
  • (9)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798021232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF
    ACCESSデータベース

  • 仕事で、エクセルでは手に負えないデータ量になったためアクセスを勉強すべく、購入。
    データベース自体がほとんどわかっていなかったので、そういう読者にとっては有意義な図書になると思う。
    反面、これ一冊でアクセスが使いこなせるかというと、そうでもない。あくまで基礎がわかる程度でソリューションまでは行かない。

    入門書としてはお勧めの一冊
    読書時間は2.5時間程度でした。

  • タイトルどおり、やりながら進めていけばなんとなくクエリ程度は作れるようになりました。それにしてもoffice2007って2003とは全然違うんですね。

  • OCR

  • とにかく最初のとっかかりが欲しい場合に.関係モデルについて簡潔に述べてある点が魅力.データベースとはなんぞや?というイメージをざっと掴みたい人,初めてアクセスに触る人にはお勧め.

    Microsoftからは業務用データベース管理ソフトとしてSQL Serverが出ている.自分は最初そちらから入ったため正規化,主キー,外部キー,リレーション,参照整合性などテーブル設計に関しては大まかな知識はあった.しかしAccessの場合ユーザーインターフェースとしての側面もあるため,フォームやレポートなどのユーザーの触れる部分の知識に乏しいため本書で勉強を始めたところである.

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

立山 秀利(たてやま・ひでとし)フリーライター。1970年生まれ。筑波大学卒業後、株式会社デンソーでカーナビゲーションのソフトウェア開発に携わる。退社後、ウェブプロデュース業を経て、フリーライターとして独立。初心者向けExcel VBAセミナーを主催する経験も著作にいかされている。著書は『Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本』(秀和システム)、『入門者のExcel VBA』(講談社)など多数。

「2017年 『仕事のExcelが1日でざっくりわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立山秀利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

Accessのデータベースのツボとコツがゼッタイにわかる本を本棚に登録しているひと

ツイートする