入門Redmine 第2版 Linux/Windows対応

著者 :
  • 秀和システム
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798027050

作品紹介・あらすじ

プロジェクト管理を手軽・確実に。初のメジャーバージョン「1.0」に完全対応。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Redmine職場にて利用中。

    構築した後の設定とかのリファレンスとして便利。IT系でなくてもかなり使えるような気がするツールだ。ワークフローのある業務を抱えている現場ならカスタマイズさえしてしまえばけっこう使いどころがあるのでは?

    もっと流行らせたい。

  • プロジェクトマネージメントで使用できないかと調べ、redmine、tracというシステムがあるということを知り、知識を得るため購入。

    プログラマやエンジニアでないものが、自分でレンタルサーバなどに1からRedmine+subversionを構築するのはかなり難儀そうですが、運用面や使い方のリファレンス本としても非常に役立ちました。

    また、プロジェクト管理だけでなく、顧客管理や受注管理などの社内情報システムとしても活用できる側面もあり、実際に導入した企業の例が掲載されています。

    プロジェクトは複数登録できるので今後、プロジェクトや業務において活用できる場面があれば一度導入してみたい、導入しておきたいと感じるシステムでした。

  • BTSが何故必要とされて、どう役に立つのか。Excelとの違いはなんなのかなど、これからBTSを導入しようとしている人にとっては知りたい内容がかかれている。
    ただ、入門だけあって基本的な使い方程度以上のことを求めるのであれば若干物足りない。

  • なんとなく興味があったので、購入。
    とりあえず立ち上げてみて、ひととおり使ってみたけど、
    当たり前ながらプロジェクト管理システムなんて一人で触っててもつまらん。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1973年2月生まれ。島根県隠岐の島町出身。3社のIT系企業でソフトウェア開発、ISPおよびIDCの運用、ネットワーク構築などの業務に従事後、2008年9月に島根県松江市でファーエンドテクノロジー株式会社設立。Redmineのクラウドサービス「My Redmine」など、Redmineやオープンソースを活用したソリューションの提供を行っている。
Redmineに出会ったのは2007年9月、当時勤務していた会社でソフトウェア開発のバグ管理のためのツールを探していたとき。優れたツールであることを確信し、翌月にはRedmineの非公式情報サイト「Redmine.JP」の運営を自宅サーバで開始した。
現在は「Redmine.JP」での情報発信をはじめとした普及活動のほか、Redmine公式サイトで開発チームの一員(Contributor)としても活動している。

「2016年 『入門Redmine第5版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前田剛の作品

入門Redmine 第2版 Linux/Windows対応を本棚に登録しているひと

ツイートする