図解入門よくわかる精神医学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)

著者 :
  • 秀和システム
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798029283

作品紹介・あらすじ

なぜ心が病気になるんだろう?精神と脳、身体との関係とは?心とからだがやさしくわかる精神医学が楽しくなる入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 精神医学の最新状況をコンパクトにまとめた本。

    内容は、総論的な脳の仕組み、諸検査、分類と診断方法、を説明し、各論の意識と意識障害、認知症、てんかん、統合失調症、気分障害、神経性障害、睡眠障害、未来の診断や治療となっている。脳の仕組みなどがわかると各論や薬理学がわかりやすい

    各論は、病気のが概論、症状、原因、治療などが載っている。簡易の辞書的な使い方もできると思う。

  •  脳の仕組みから,精神病の病状や治療法まで情報満載でした.医学生でなくても分かるような内容になっていました.
     うつ病とか統合失調とか概日リズム睡眠障害とか,自分に症状が当てはまりそうなものが多くて焦ります.・・・なんて発言すると,不安障害に認定されるんでしょうか.とにかく,何かに執着すると精神病にされそうなくらい色々ありました.素人的な意見だと,器質的に問題がないなら健常者でいいと思うんですが・・・.なんか見てはいけないものを見た感じがしました.

  • 21世紀は心の時代、脳の時代といわれ、精神医学や脳科学の発展に期待が高まっている。本書では精神医学の考え方をわかりやすく解説。心とからだがやさしくわかる、精神医学が楽しくなる入門書。

全3件中 1 - 3件を表示

武井茂樹の作品

ツイートする