作って覚える Visual C# 2010 Express 入門

  • 秀和システム
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798029962

作品紹介・あらすじ

実際に動くアプリケーションを作りながら、楽しい図解イラスト、ていねいなコード解説、要点の的確な解説により、超初心者でもプログラミングの考え方と書き方が自然と身につきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めてC#に触れる人が、VisualStudioを使ってプログラムしていく上での参考書。
    ソフトのインストールから概念の説明、実際に使えるプログラムを作りながらざっくり.NETに触れていく感じ。

    プログラムを作れるのはなかなか楽しかった。
    特に、フォームアプリケーションで普段見慣れているものを自分でつくり上げるのは結構ワクワクした。

    ただ、初心者向けにしては、一つの概念や関数は一度しか説明せず、二度目以降は一切解説なしでガシガシ進まれるのはキツかった。
    配列の説明がまだ出てきていないのに、普通にソースコードに登場させるのもいかがなものか。
    また、初版では関数名やクラス名などでちらほら誤植が見られた。もっとも、内容を理解しながら読んでれば気づける範囲だが。

    細かいところをしっかり理解しようとせず、とりあえず読み進めてプログラム作って、雰囲気をつかめば、他の本で本格的に勉強する下地ができる、という印象の本だった。

  • C#初心者の僕にも出来ました!
    アプリが作れて楽しっ!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。京都コンピュータ学院・情報科学科卒。学生時代にBASIC、QuickBasicを使ってプログラ
ムを行ったことが切っ掛けとなり、プログラマーの道へ進む。1992年、日立ソフトウェアエンジニアリング
株式会社に入社。会社独自のプログラム言語の開発に携わる。その後は、C++、VBなどの開発を得て、2000
年から40件以上の.NETアプリケーションの開発のほか、.NETの教育、開発標準化、開発支援、.NETよろず
相談等に携わる。2006年、米国Microsoftと米国Accentureの合弁会社であるAvanade.Incの日本法人、
アバナード株式会社に入社。Microsoft系テクノロジーのITコンサルタントとして.NET案件の開発支援など
を100件以上行った経験を持つ。その中で新入社員への教育も担当し、「作って覚える」シリーズのテキストを
用いてC#のトレーニングも行っている。趣味は、カラオケ、フットサル、スキー、テニス、マイクロソフトグッ
ズ集め、開発関連の本の読書。最近は電子書籍がお気に入り。

「2018年 『作って覚えるVisual C++ 2017 デスクトップアプリ入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻原裕之の作品

ツイートする