図解入門業界研究最新化学業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版] (How‐nual Industry Trend Guide Book)

著者 :
  • 秀和システム
3.13
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798031309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 斜め読み。図書館なのでひとつ古い版を読む。組み立て型工業とは結構違うことを実感。危険物が多いため認可諸制度が多いのと、プラントのため現場カイゼンが難しいのは結構違う。自分に化学の知識がないので、化学物質名が分からないのが痛かった。もっと勉強しよう。バリューチェーンとプラント・プロセスをもう少し書いて欲しいが、図解入門本だから仕方ない。別で調べよう。

  • 改めて、裾野が広い業界だなと実感。
    医薬品、消費財、機能性化学、素材等々並べると、業界ごとにKFSが違うなと。面白い。

    誰かが明確な意志を持って設計したわけでもないのに、こうやって得意分野ごとに棲み分け、他の業界とつながり、自らの居場所を作る様子、生態系のようだと思うわけです。

  • いやもう、大変勉強になりました。
    2011年11月発行なので、情報の鮮度も良好。

  • 和図書 570.21/Ta21
    資料ID 20111036497

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1948 年東京築地生まれ。1974 年東京大学大学院工学研究科修士課程(合成化学)修了、通商産業省に入省。1987 年化学会社に転職、工場、本社勤務。2008 年定年退職。著書に『日本ソーダ工業百年史』(共著、日本ソーダ工業会、1982 年9 月)、『現代化学産業論への道』(化学工業日報社、2008 年11 月)、『「ケミカルビジネスエキスパート」養成講座 新「化学産業」入門』(化学工業日報社、2014 年10 月改訂)、『世界の化学企業 グローバル企業21 社の強みを探る』(東京化学同人、2014 年3 月)、『石油化学技術の系統化調査』(国立科学博物館、2016 年3 月)ほか、編書に『元気な会社からの「企業だより」』(化学工業日報社、2008 年8 月)、訳書に『工業有機化学』( 東京化学同人、上巻2015 年10 月、下巻2016 年6 月)。

田島慶三の作品

ツイートする