アリスとボブのGit入門レッスン

著者 :
  • 秀和システム
3.52
  • (2)
  • (11)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798035000

作品紹介・あらすじ

Gitの基本や仕組み、GitHubの使いかた、Gitの内部構造まで手を動かせばわかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今までGUIでもCUIでもgitは何となくしか触ったことが無かったんですが、今月の作業からがっつり触ることになり。なんとなく流れはわかってたんですが、理解が深まりました。コマンドでやると理解が深まるっていうのは本当ですね。とはいえSVNライクな使い方するだけならここまでの知識は必要ないですね。
    ちゃんと最初から読んで進めればgitを理解できるようになれると思います!

  • A3

  • 写経しながら進められるので、Git の 1 冊目としてはこれが最適だったかもしれない。これを読んで、はじめて過去の歴史を変更できるようになった気がする。最後の Git 内部構造の説明もよかった。

  • ひととおりやるだけで、復習になる。
    練習しながら読めるつくりがありがたい。

  • プログラマーなら絶対使うことになるバージョン管理システム。その業界標準であるGitの入門書。公式ドキュメントをすらすら読めちゃうマッチョなら読まなくていいけど、そうでないならこういう読みもの形式のものに目を通してざっくり理解して、後はリファレンスで調べるというのが習得への早道ですよ。

    和図書 548.96/Ka96
    資料ID 2013101384

  • アリスボブシリーズGit編。わりとむずい!!途中からアリスの理解度の高さに引いた。というかrubyわからんのでプロジェクトすらなんだかわからん状態でつらたん。同じ環境を作りながら読むとわかりやすいかも。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784798035000

  • いいかげんアリスとボブの例え止めません?みたいな指摘も見かけたけど、やっぱり使い方の流れを例示するのに便利なんだろうなぁ、と。

    読んでいても、口語体のやりとりは頭に入ってきやすいし。取っ掛かりの1冊としては悪くなかったです。

  • とても読みやすくてわかりやすかった。
    Git本はこの一冊しか持ってなくて他と比較できないけど、Gitの操作を覚えるにはとてもいい本だと思う。一通りのコマンド操作が、実務で遭遇しそうなシチュエーションをもとに解説されている。

    また、発行するコマンドによって、Git内部の状態がどのように変化しているのかを図で説明しているところは、この本がGitを理解しやすいと感じる要素のひとつだろう。
    最後のほうに、Gitの仕組みに関する解説を持ってきている点もよかった。だいたいどんな操作をすればどんなことが起こっているのかというのが分かったあとで仕組みを知るので、きっとどなたでも読み飽きないのではないだろうか。


    惜しいのは、目次を見ただけではどんなコマンドを使った操作をしているのかわかりづらいところ。
    紙面の都合もあると思うけど、関連するコマンドが書いてあったら、索引と合わせて目的の操作が探しやすいだろうなあと思った。

    Gitを知るための最初の一冊としては良いと思う。しかしただ読むだけでなく、実際に操作して体感しながら学習してほしい。

  • 使いながら慣れるためのガイドとして
    最初の一冊としてなら結構読みやすくていいと思う。

全12件中 1 - 10件を表示

アリスとボブのGit入門レッスンのその他の作品

川野辺正博の作品

アリスとボブのGit入門レッスンを本棚に登録しているひと

ツイートする