図解入門業界研究最新保育サービス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

著者 :
  • 秀和システム
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798037646

作品紹介・あらすじ

急成長する業界の全体像と最新動向、展望を俯瞰する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は船井総研の人であることから、保育をサービス業界と考え、ステークホルダーである子ども、保護者、親戚、そして地域社会への貢献を訴える。流通、介護業界に遅れて発展してきた業界が少子化、労働人口減少という環境の中で、逆説的に脚光を浴びてきたこと、多くの優秀な企業が生まれていることを知った。保育だけでなく、幼稚園、そして隣接業界としての学習塾が存在することも解説を読んで成程!待機児童だけではない、潜在待機児童の存在を考えるとまだまだ大きな需要のある世界だと感じる。

  • 読了

  • サクッと保育業界の事が分かる内容。シェア上位の企業の事も触れてある。

  • お仕事の予備知識のために読みました。思ったより重みのある内容で、最新の法改正も反映されていたので今後の保育ビジネスの概要を知るにはよいと思います。

    ただ、経営環境や制度を概観する内容なので、実務を知りたいならこの本ではないと思います。

    見逃しているだけかもしれませんが、最後まで地域型保育給付と施設型給付がよくわかりませんでした。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

株式会社船井総合研究所 保育・教育支援部 グループマネージャー シニア経営コンサルタント
成蹊大学工学部経営情報工学科卒。2006年に株式会社船井総合研究所で初めて保育業界のコンサルティング領域を確立。社会福祉法人、学校法人、株式会社などの法人格に捉われず、保育園(認可、小規模、企業主導型)の新規開設・多園化支援、認定こども園移行支援、保育事業参入支援、保育士採用・育成などを得意領域とし、全国の保育園・幼稚園経営者が加盟する「新時代保育園幼稚園経営研究会」の責任者を務める。
2011年には東日本大震災後に経済産業省の委託事業である「全国保育園防災マニュアル」作成の統括責任者として、2016年にも同省の「保育ニーズに応じた保育供給の在り方及び保育の経営力向上に関する調査研究」の統括責任者として従事する。さらに、全国の自治体の子育て政策の顧問アドバイザーも務めるなど、業務は多岐にわたる。

大嶽広展の作品

ツイートする