図解でわかる ざっくりASEAN

  • 秀和システム
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798041841

作品紹介・あらすじ

6億人のマーケットがASEAN経済共同体の成立で誕生する!?現地での取材・滞在経験豊富な研究者たちによるガイドブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID:21402528
    請求記号:332.23||U
    配架場所:普通図書室

  • さらっと読むつもりが、意外と盛りだくさんだった。

  • カンボジアがミャンマーに先んじたのは、外国企業の受け皿となるSEZ整備に比較的早く取り組んだことがある。

    メガバンクの進出。
    ベトナムでスマホの生産されている。

  • なんとなくASEANを捉えておきたい自分のような人間には最適の本。ASEANの情勢がざっくり分かります。

  • 最貧層の割合がインドネシアは54%から18%に、ベトナムで64%から17%に、カンボジアで45%から19%に。中間層が大幅に増えているようです。
    富ってzero-sumじゃないんだね。全人類が豊かになるってこともあるんだろうかね。不思議な気がするなぁ。

全5件中 1 - 5件を表示

牛山隆一の作品

ツイートする