図解入門ビジネス 最新FinTechの基本と仕組みがよ~くわかる本

著者 :
  • 秀和システム
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798048529

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近、よく聞く「フィンテック」という言葉だが、それを図解雑学シリーズの図解を使って説明した本。

    内容は次のような形であった。
    1.フィンテックの概要
    2.フィンテックと融資
    3.フィンテックと決済
    4.フィンテックと保険
    5.フィンテックと資産運用
    6.ビットコインとブロックチェーン
    7.フィンテックを支える技術
    8.日本のフィンテック

    全体的な概要をつかむには良書だと思う。このシリーズにしては、図解が少ないとは思うが、新しい分野なので、ある意味こなれないないのかもしれないと思った。

  • とりあえずTHEOを始めてみようと思う。

  • FinTech、最新テクノロジーによる金融サービスの概略が分かりやすい。
    FinTechとは(スタートアップ企業による金融サービスの展開、シリコンバレーがやってくる、グロースハック、エコシステム、API、アリババとテンセント)、融資(クラウドファンディング:レンディングクラブ)、決済(スマホ決済:トランスファーワイズ)、保険(保険引受の精度:クライメート)、資産運用(ロボアドバイザー:ウェルスフロント)、ビットコインとブロックチェーンなど
    名前は見かけるようになったものの、内容をほとんど知らなかったフィンテックの概要が理解でき、スマホ難民としてフィンテックの流れから取り残されそうな自分が見えた。そうした意味ではグロースハックの成熟と普及を待っても良いのかもしれないと逆に吹っ切れた。
    17-35

全3件中 1 - 3件を表示

図解入門ビジネス 最新FinTechの基本と仕組みがよ~くわかる本のその他の作品

長橋賢吾の作品

ツイートする