デジタルなのになぜ音が変わるのか? 良い音で聴くためのデジタルオーディオ作法

著者 :
  • 秀和システム
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798061337

作品紹介・あらすじ

“ビットパーフェクト”
本当にしていますか?
音楽をデジタルで聴くための新常識

音圧戦争、原波形復元、偽ハイレゾ、DAC、ジッター、
今までずっと信じていたことは非常識だった。
もうオーディオ都市伝説に騙されない。

著者プロフィール

立教大学理学部卒、1986年株式会社リコー入社。ファクシミリのハーフトーン画像処理(マトリクス式・ディザ式)、デジタルシグナルプロセッサーボードのエレキ設計およびテレビ会議用プログラムインプリメント(音声コーデック・音響エコーキャンセラー)、業務用カラオケ装置(音声エフェクト・MPEG音声ピッチコントロール)などを手掛ける。産業用PC事業の企画リーダーを務めるなど、インテルアーキテクチャーPCにも詳しい。近著に『だれでもわかるハイレゾオーディオ』(インプレスR&D社)。

「2020年 『デジタルなのに なぜ音が変わるのか? 良い音で聴くための デジタルオーディオ作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大槻英樹の作品

デジタルなのになぜ音が変わるのか? 良い音で聴くためのデジタルオーディオ作法を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする