• Amazon.co.jp ・本 (552ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798117362

作品紹介・あらすじ

本書では、Groovy/Grailsの基礎から、モデル駆動開発によるGrailsアプリケーションの開発手法/手順、運用、Grailsの拡張(プラグイン作成)まで、わかりやすいサンプルプログラムを交えて徹底解説。Javaシステム開発者(Web系アプリケーション開発者/システムアーキテクト/プロジェクト管理者)、Ruby On RailsとEJB/J2EEに限界を感じている開発者にお勧めの1冊である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本全体が、ひとつのGrailsを使用したWebアプリケーション開発のサンプルといった感じです。
    Grailsのインストールからアプリケーションのデプロイまで、順を追って丁寧に解説されています。
    前提知識として、Groovyについての軽い解説もあります。
    しかし、これは残念ながら、蛇足としか感じられません。
    実際にGrailsを使って開発するときには、どのみちGroovyをちゃんと理解しておく必要があります。
    Groovyについてなら、他にGroovyだけを扱った本があります。
    Groovy上のフレームワークの解説書には似つかわしくない、グルーヴ感のなさです。
    この点にだけ目をつぶれば、Grailsをはじめるとっかかりとして、ちょうどいい本です。

  • ほぼ読み終わりました。
    Sampleがいまいちで、WebFlowの説明がわかりにくく、イメージ出来ませんでした。

    Sampleソースをもっと用意して欲しかった。

全2件中 1 - 2件を表示

山田正樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Kahuaプロジ...
Steve Ho...
濱野 純(Jun...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする