購買意欲はこうして測れ ストップウォッチ・マーケティング4つの原則

  • 翔泳社
2.73
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798117744

作品紹介・あらすじ

顧客は「いつ」買う決断をしているか。本書で着目するのは購買に至るまでの時間であり、そのメタファーはストップウォッチである。商品の購買や消費は、顧客の内なる買い物ストップウォッチ次第である、という考え方だ。ターゲットの属性分析に基づいた従来のマーケティングでは、彼らの心の中のストップウォッチの進み具合はわからない。本書では、市場を動かす4つの顧客タイプ-「うきうき購買」「せっかち購買」「いやいや購買」「念入り購買」-に分類し、その特徴と傾向をデータからあぶり出し、ウェブでの分析も加え、精度の高い実践的な手法を提案する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 購買時間×利益率 うきうき、念入り、せっかち、いやいやで顧客を分類。自分の顧客がどの部分に属するのかを見極めそれに応じた戦略をとろう。面白い切り口。

  • ストップウォッチマーケティングとは?

    →時間×利益率で購買をせっかち、念入り、いやいや、うきうきに分ける
    ストップウォッチのルールとして、まず本当の顧客を見極める
    その中で、消費者ニーズのギャップ、顧客のストップウォッチ、顧客の価値

  • あまり記憶にのこっていない。。。
    ポイントをつかみきれなかったのか、新しいことがなかんったのか。。

  • 2/13(土):
    これはヒドイ!わかりにくすぎるし、理解できてないだけかもしれないが、ロジックが通ってないように思う。
    著者は、ビジネスを、4象限に分類。横軸は、時間軸(消費者が購入するまでにかかる時間)と、縦軸は、利益率/顧客接点、となっている。
    横軸の視点は面白いと思ったが、縦軸で切る意味が分からず、用いられている例も縦軸で切れていないように思う。
    時間軸の視点をササっと流し読み。これで十分。

  • owner:こみや

  • 090321

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする