アーキテクチャ中心設計手法 (IT Architects’Archive ソフトウェア開発の実践)

制作 : 橘高 陸夫  橘高 陸夫  濱田 一規  長谷川 倫也  杉浦 眞理  遠藤 美乃里  玉川 憲  川田 雅人  遠藤 一雄 
  • 翔泳社
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (531ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798122373

作品紹介・あらすじ

アーキテクトの卵やすでにアーキテクトとして働いている人が、参照できる初の実践ガイド。アーキテクチャドライバからアーキテクチャ構造へいかにつなげていくのか、じっくり学べます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アーキテクチャ設計プロセスである「ACDM」について解説した本。
    個々のアーキテクチャ設計「技法」ではなく、あくまでデザインのプロセスに焦点を置いており、プログラム開発と同様にデザインについても独立したシステム開発プロセスとしてスパイラル的に実施することを推奨している。
    ただし概要としては要件をヒアリングして設計・検証を繰り返し、デザインを確定する、というもので格段に新しい手法とは思わなかった。また、プロセスについてもやや重量級な印象で小型の開発の場合はオーバーヘッドが大きいように感じる。それぞれのプロセスにおいて具体的な進め方やドキュメントのテンプレートが紹介されている点は価値があると思った。
    内容的に、システムの開発者というよりもプロセスの改善が課題となっているマネージャクラスのエンジニアを想定していると思われる。ただし具体的な導入にあたり必須となるであろう導入効果に関する具体的な事例紹介が無く、実際に導入に踏み込むためには説得力不足を感じた。
    文章についてはやや冗長なところもあるものの、章構成などは良くまとめられておりやや厚めの本であるが分かりやすくまとめられているとは感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

アーキテクチャ中心設計手法 (IT Architects’Archive ソフトウェア開発の実践)を本棚に登録しているひと

ツイートする