勝ち残る会社のWebサイト経営術

  • 翔泳社
3.13
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798129693

作品紹介・あらすじ

各ジャンルのNo.1サービスを題材にウェブサイト経営のポイントを解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • データ重視が基本姿勢
    競合は先に行ってるから今更感があるかもしれないがそれは正しくない

  • webサイトを経営の戦略的な位置付けにするべし。その考え方、費用対効果、先進企業の取組みを紹介。

    Google、クックパッド、価格.com、フェイスブック、zozotownなどを実例に挙げている。企業分析からその企業の収益構造を解説しており分かり易い。

    webサイトの閲覧者がある広告をクリックする確率を高くする為には、どうすべきか?そのクリックが売上に繋がるのか、そうではないのか、、、戦略的に検討している企業があることを学んだ

  • でかいクックパッドもzozo townも価格.com、何だかんだ言って四苦八苦、手探りで、生き残ろうと勝ち残ろうとしてるんだね。  1日1%の改善を1年続ければ、365日で365%の改善。 むむむ。

  • とにかく企業のweb戦略で、手を打つ余地がまだまだあることが理解できる。

  • WEBサイト経営に関する本ですが、書店などでよく見かける技術者目線のものではなく、サイト管理者目線で書かれているものです。冒頭にWEBサイト理解のための簡単な説明が書かれており、その後実際のサイトを例に出して様々な分析をしています。例としてクックパッド、価格.com、ZOZOTOWN、Dropbox、Pinterest、Facebook、Googleといった既に成果を上げているサイトを載せ、どういったところがウケたのか、どういった部分にまだ課題があるのかといった分析が主体になっているので分かりやすいです。ノウハウ本は一般的には多いのですが、覚えた計算式を事例を出してどのように活用すべきかというのが具体的に書かれている点はいいですね。ただ本の作りに少々難ありで、文章と図の位置がズレまくっているのが非常に読みにくいです。内容は悪くないのにもったいないなぁという印象でした。既にサイト運営している方よりも、これから知識を蓄えたいという方向けですね。

全5件中 1 - 5件を表示

勝ち残る会社のWebサイト経営術のその他の作品

勝ち残る会社のWebサイト経営術 Kindle版 勝ち残る会社のWebサイト経営術 Management In-Site

Management In-Siteの作品

ツイートする