世界のおやつ旅

著者 :
  • 翔泳社
3.45
  • (2)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798130972

作品紹介・あらすじ

思い立ったら、旅×おやつ。9カ国30地域のエッセイと身近な材料で手軽においしく作れる世界のお菓子レシピ40。偏愛おやつ図鑑付。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちゃんと読んだのはイタリアのところだけです。

  • 内容はとても興味のあるはずなのに、文章表現が上手く私にマッチしていなくて残念。レシピだけは参考にします。

  • かつての言葉で言えば、ガッツのあるおやつ旅。私にはマネはできないけど、作りたいレシピもいくつかあって、楽しめました。2013/12/7

  • ちょっと著者のテンションについていけないところもありましたが、
    レシピや写真は可愛らしいです。
    ドーナツ食べたくなります。

  • 旅とおやつの本
    多田さんのパリ留学記も好きです
    人との繋がりを大切になさる方ですが、自分のお子さんも大切にしてほしいです。
    おやつ記者としてはいいかもですが、親としては……です。

  • 最後の方になると、なんだか雑なかんじにはなってくるけど、文章が面白い。乳飲み子を抱えて、世界で仕事をするってどんだけ力があり余っているんだろう。「おやつ」という乙女なイメージを壊すような、力瘤的な迫力がある。

  • おやつと旅のエッセイ本。
    多田さんの本、初めてです。

    元朝日新聞の記者を経て、大好きなおやつと旅についての
    エッセイを書くに至る、多田さんの楽しい人生そのものを
    感じられる1冊です。

    丁稚ケイくんとともに、世界中を駆け抜ける、
    そのパワフルさとアクティブさは、見ていて読んでいて
    とても気持ちがいい!

    あとがきで、ほろっと来ます。

  • 家に居ながら世界を旅してる気分になれます

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

朝日新聞社記者として新潟・広島・大阪・福岡で12年あまり勤務。退社と同時にパリに渡り、料理学校ル・コルドン・ブルー・パリ校に入る。製菓上級課程を修了。帰国後、おやつ新報(http://www.oyatsu-shinpo.com)でおやつ記事の配信をスタート。京都・東京在住を経て、2013年よりインド移住。

著書に『パリ砂糖漬けの日々』(文藝春秋刊)『おやつ新報へ、ようこそ』(エンターブレイン刊)『パリのおやつ旅のおやつ』(朝日新聞出版刊)

世界のおやつ旅のその他の作品

世界のおやつ旅 Kindle版 世界のおやつ旅 多田千香子

多田千香子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
群 ようこ
西 加奈子
機内食ドットコム...
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
飯島奈美
中島 京子
阿部 了(写真)
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のおやつ旅を本棚に登録しているひと

ツイートする