プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32

  • 翔泳社
3.71
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798147390

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイデアをただのアイデアのままにするだけじゃなくて、少し深く考えてから自分の引き出しにしまう癖をつけるってのが自分らしさ、差別化につながるってのがわかった。これどうやって自分の型にするかがこれまた難しいなと思った。

  • 企画に成功した仕事のやり方をパターンとしてまとめたもので、企画のノウハウやtipsではない。
    同種の仕事に携わる人ならハッと気づくことがあるかもしれないが、パターンの源泉が個人のものなので、価値を感じるかどうかは読者の状況によるだろう。僕にとっては、さして異論はないが深く心に刺さったものもなかった。
    別の視点で、パターンづくりの実例として、「あぁ、こんな感じで自分でも整理してみようか」と思えるヒントにはあった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学総合政策学部教授。
1974年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、同大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。専門は、創造実践学、パターン・ランゲージ、システム理論。株式会社クリエイティブシフト代表、および、パターン・ランゲージの国際学術機関 The Hillside Group 理事も兼務。2009 年にはマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 Center for Collective Intelligence 客員研究員、2018年にはオレゴン大学カレッジ・オブ・デザイン Portland Urban Architecture Research Laboratory (PUARL) 客員研究員として研究に従事。著書に、『複雑系入門』(NTT 出版、1998 年)、『社会システム理論』(慶應義塾大学出版会、2011 年)、『パターン・ランゲージ』(慶應義塾大学出版会、2013 年)、『プレゼンテーション・ パターン』(慶應義塾大学出版会、2013 年:グッドデザイン賞受賞)、『旅のことば』(丸善出版、2015 年:オレンジアクト認知症フレンドリーアワード大賞、グッドデザイン賞受賞)、『プロジェクト・デザイン・パターン』(翔泳社、2016 年)、『対話のことば』(丸善出版、2018 年)、『おもてなしデザイン・パターン』(翔泳社、2019 年)等。

「2019年 『クリエイティブ・ラーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32のその他の作品

井庭崇の作品

プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32を本棚に登録しているひと

ツイートする