ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

著者 :
  • 翔泳社
4.09
  • (7)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 197
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798149295

作品紹介・あらすじ

「わかっているのになぜかできない」ができるようになる!

大人になってから発達障害の症状に悩む人が増加しています。
ここ10年で「発達障害」の知名度が飛躍的に上がったことで、
「もしかして自分も…」と成人になってから気づく人が増えたのが
最大の要因と思われます。

発達障害の人には、「同時並行作業力が弱い」「段取りが取れない」
「ケアレスミスをする」「コミュニケーションが苦手」といった特徴があり、
これらが仕事の達成を阻害しています。

本書では、そうした症状に悩む人のために、「仕事」「職場」に対する
具体的な解決方法に焦点を絞って解説しています。本書で紹介する解決法は、
デジタルを使った仕事術や、コミュニケーションのための練習法など、
ちょっとした工夫で実践できるビジネススキルばかりです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書猿さんが勧めていたので買ってみました。
    ケーススタディ形式で解決策が提示されており、大変便利な本。
    主にADHD向けですが、ASDの人にも有用です。
    デスクワークで起こる問題について便利なアプリやツールを使った解決策を提示します。

    ところで、他の方のレビューで気になって買い控えていたのですが、読んでみれば良書でした。

    就労センターの人が、じぶんたちが損をすることを書かない、ってたしかにそうかもしれませんが、一概にはそうは言えないと思います。
    と言うのは、誠実な人ならば、今まで蓄えてきたノウハウを本にしてまとめることをするからです。

    それに大学の先生でもふつうにすることですし、自己啓発をやってる人でも本を書くでしょう。
    もちろん、実際の指導よりは奥行きは無くなるかも知れませんが、コンパクトにまとめることは可能です(筆者は医者ですから)
    加えて、医者が専門を変えることもよくあることです。中には医者を辞めて他の仕事に就く人もいらっしゃいます。
    志一つで努力すれば変えられるのに、権威主義なのかわかりませんが、いささか狭隘かなと思いました。

    逆に言えば、そのような努力で編まれた一冊です。
    筆者が運営している就労センターまで行く必要はありませんが、読書猿さんがおっしゃるように、発達障害を持たない人でも有益なことが書かれています。

    最初、この本のレビューを書く気はなかったけれど、良書なので私のように警戒して欲しくないので一応書くことにしました。

  • 書評がよかったので読んでみた。すごく細かい、かゆいとこに手が届く内容がとてもよかったのだけど、
    わたしは事務職ではなく、Windows使いでもなく、残念ながらいかせるところが少なかった。

    これだけのていねいな説明の類書ないから、
    オフィスでパソコンでWindowsでお仕事してる発達さんはとても役立つのではないかな。

  • この本の監修をしているお医者さんの経歴が気になった。医師免許とってから10年間精神病とはあまり縁の無さそうな科に在籍し、その後たった1年精神科に居ただけでクリニックを開くに至るって…そんな人に精神病の本の監修を任せていいの?

    そもそも就労移行支援センターを展開してる=就労困難な障害者が減ったら損する立場の人が、読んだだけで発達障害者が上手に働ける本を出すとは思えないんだけど。(同じ理由でkaienの人が書いてる本の内容も信用してません。基本的にサービス業者は自分が損することをしませんから。発達障害者にはこの理屈が分からない人が多いらしいからこういう本が売れるんでしょうね。)

  • 実践的な内容なのですぐに試していきたい。最終的には自分なりにカスタマイズしていくのだろうけど、まずはそのまま試して見て損はない内容だと思う

  • 困りごとについて 具体的でわかりやすい対策がたくさん載っています 発達障害者の支援をする側としても 当事者にとっても良書です

  • 予想より細かく書かれている。
    この手の本では、働くことに特化して書かれているのも良く、デスクワーク系の職の人には特におススメ。
    割合的にADHD寄りで、ASDやLDは若干少なめ。

  • * 入手日20180611
    * Amazonで購入した。

  • 社会人なりたての人にもおすすめ

    ちょっとしたノウハウが具体的に書かれている

  • 読了日 2018/05/19

    発達障害でなくてもとても参考になる本だ。
    (発達障害の診断はとても慎重に行われるもので、わたしがなんとなく、といえるものではない)

    紙で買いたいな。
    「相談はするもの」と思おう。

全14件中 1 - 10件を表示

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本のその他の作品

對馬陽一郎の作品

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本を本棚に登録しているひと

ツイートする