カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

  • 翔泳社 (2018年2月7日発売)
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798153346

作品紹介

「日本の現場」に寄り添った、アジャイル開発の実践!
現場のストーリーで、開発の神髄を学ぼう

【本書の特徴】
・現場のストーリーから、考え方とプラクティスを一緒に学べる
・1人でも始められる業務改善の手法から、チームマネジメントの手法まで解説
・日本の現場を前提にしているので、実践しやすい
・アジャイルをこれから始める人だけでなく、もっとうまく実践したい人にも最適

【本書に登場するプラクティス】
モブプログラミング / バリューストリームマッピング / ユーザーストーリーマッピング / 仮説キャンバス / ハンガーフライト / カンバン / 期待マネジメント / リーダーズインテグレーション / ファイブフィンガーなど

【あらすじ】
ITエンジニアとしてSIer企業に勤務する江島は、
問題だらけのプロジェクト、やる気のない社員たちに嫌気が差していた。

そんな中、ある開発者向けイベントに参加したことがきっかけで、
まずは自分の仕事から見直していこうと考える。

タスクボードや「ふりかえり」などを1人で地道に続けていると、
同僚が興味を示したため、今度は2人でカイゼンに取り組んでいく。

ここから、チームやクライアントを巻き込んだ、現場の改革がはじまる。

チーム内の軋轢、クライアントの無理難題、迫りくるローンチ……
さまざまな困難を乗り越え、江島がたどり着いた「越境する開発」とは。

【筆者コメント(「あとがき」より)】
良い問いは人を立ち返らせてくれます。
そのような問いは人によって異なるでしょう。

読者のみなさんにとっての良い問いと出会えるよう、
江島(本書の主人公)同様、自分がいる場所から外に出て、
いろいろと見聞きしてみてください。

もちろんこの本があなたにとっての
良い問いになることを願っています。

【目次(抜粋)】
●第1部 一人から始める
・第1話 会社を出ていく前にやっておくべきこと
・第2話 自分から始める
・第3話 一人で始めるふりかえり etc

●第2部 チームで強くなる
・第9話 一人からチームへ
・第10話 完成の基準をチームで合わせる
・第11話 チームの向かうべき先を見据える etc

●第3部 みんなを巻き込む
・第20話 新しいリーダーと、期待マネジメント
・第21話 外からきたメンバーと、計画づくり etc

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリー形式で開発現場を改善していく取り組みが紹介されていて、とても読みやすい。そしてそのストーリーが面白い!まさか技術書読んで泣くことがあるとは思わなかった。
    また、「本書の特徴」にあるように、日本の開発現場を前提としているので、共感しやすいし、まず文体からして翻訳されたものより読みやすい。
    この本では開発現場を改善するためのプラクティスがたくさん紹介されていて、とてもいきなり全部実践はできない。だからまずは一人でもできるタスクボードを自分の現場で始めてみた。この本のストーリーのようにうまくいくかはわからないが、できることから小さく実践して、少しずつでも自分の現場を改善していきたい。

全1件中 1 - 1件を表示

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまでのその他の作品

市谷聡啓の作品

ツイートする