数理的発想法 “リケイ"の仕事人12人に訊いた世界のとらえかた、かかわりかた

著者 :
  • 翔泳社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798154343

著者プロフィール

文芸評論家、フリー編集者、文筆家。1964年、東京生まれ。「シティロード」「ワイアード日本版」「季刊・本とコンピュータ」などの編集部を経て、現在はオンラインメディア「マガジン航」編集発行人。著書に『ポスト・ムラカミの日本文学』(朝日出版社)、『極西文学論――West way to the world』(晶文社)、『〈ことば〉の仕事』(原書房)、『再起動【ルビ:リブート】せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『失われた娯楽を求めて――極西マンガ論』(駒草出版)、共編著に『「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか』(バジリコ)、『グラビア美少女の時代 』(集英社新書)、『ブックビジネス2.0――ウェブ時代の新しい本の生態系』(実業之日本社)、『編集進化論――editするのは誰か?』(フィルムアート社)など。

「2020年 『失われた「文学」を求めて【文芸時評編】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仲俣暁生の作品

数理的発想法 “リケイ"の仕事人12人に訊いた世界のとらえかた、かかわりかたを本棚に登録しているひと

ツイートする
×