ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本

制作 : 林 寧哲 
  • 翔泳社
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798154879

作品紹介・あらすじ

発達障害の人にとって最大の悩み「コミュニケーションがうまくとれない」が解決できる!

大人になってから発達障害の症状に悩む人が増加しています。
ここ10年で「発達障害」の知名度が飛躍的に上がったことで、
「もしかして自分も…」と成人になってから気づく人が増えたのが
最大の要因と思われます。

そうした人たちの中で特に多い特徴として、他人とのスムーズなコミュニケーションが苦手という点があります。
一方で近年、単純作業や製造業のオートメーション化により、人に求められる仕事の多くはコミュニケーション能力が必要なものに偏っています。
このため現代社会は、コミュニケーションに課題をもつ発達障害の人にとってより生きにくい状況になってしまっています。
本書では、発達障害の特徴に苦しむ社会人のために職場でもコミュニケーションの解決策を紹介します。

【本書の特長】
●仕事の中で、特にコミュニケーションについて苦手を抱え困っている人が直面する悩みの解決法が満載
●口頭での会話が苦手な発達障害の人向けに読み上げアプリの使い方を紹介するなど、ITツールを使った解決策も提示
●施設での実例をベースに、発達障害あるあるの悩み→その原因→具体的な解決アイデアの順で解説

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっとしたコトで少しでも楽になれるなら良いですね、、、

    翔泳社のPR
    発達障害の人にとって最大の悩み「コミュニケーションがうまくとれない」が解決できる!
    大人になってから発達障害の症状に悩む人が増加しています。
    ここ10年で「発達障害」の知名度が飛躍的に上がったことで、「もしかして自分も…」と成人になってから気づく人が増えたのが最大の要因と思われます。

    そうした人たちの中で特に多い特徴として、他人とのスムーズなコミュニケーションが苦手という点があります。
    一方で近年、単純作業や製造業のオートメーション化により、人に求められる仕事の多くはコミュニケーション能力が必要なものに偏っています。
    このため現代社会は、コミュニケーションに課題をもつ発達障害の人にとってより生きにくい状況になってしまっています。
    本書では、発達障害の特徴に苦しむ社会人のために職場でもコミュニケーションの解決策を紹介します。
    https://www.seshop.com/product/detail/21627?utm_source=seid&utm_medium=mail&utm_campaign=20180426

  • これも苦い経験を思ってうっと来る。とても来る。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール



「2018年 『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本のその他の作品

對馬陽一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
まんしゅうきつこ
アンジェラ・アッ...
J・モーティマー...
宮部 みゆき
NHKスペシャル...
細川 貂々
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする