深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト

制作 : 一般社団法人日本ディープラーニング協会 
  • 翔泳社
4.25
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798157559

作品紹介・あらすじ

ディープラーニングの知識を測る検定試験(G検定)の「公式テキスト」登場!

【本書の特徴】
1)試験運営団体である「日本ディープラーニング協会」が執筆。
2)各章末には、練習問題つき。試験勉強に最適。
3) 最新シラバス「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018」に完全準拠。
4)ディープラーニングについて最新事情も踏まえ学ぶことができる。

【対象読者】
・「ディープラーニング G検定(ジェネラリスト検定)」を受験しようと思っている人
・ディープラーニングについてこれから広く学びたい人
・ディープラーニングを事業活用しようと思っている人

【G検定とは】
・目的:ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
・受験資格制限:なし
・試験概要:120分、知識問題(多肢選択式)、オンライン実施(自宅受験)
・出題問題:シラバスより出題
・日程:公式サイトにて公表

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施している「Deep Learning for GENERAL (通称G検定)」の公式テキスト。ディープラーニングについて1冊で網羅的によくまとめられているので、ディープラーニングの入門書としてもおすすめです。ついでに勢いで資格も取ってしまいました。AI人材への第一歩なのです 笑
    続きはこちら↓
    https://flying-bookjunkie.blogspot.com/2019/03/g.html
    Amazon↓
    https://amzn.to/2HAsLko

  • ディープラーニングというよりは、人工知能(AI)に関して広く浅く知ることができる本。資格を受けない人も入門書としておすすめです。

  • G検定対策のために読破。
    画像や基礎的なところは余裕だったが、RNNや強化学習、GAN、物体検出、自然言語処理、などは新しい言葉が散見してちょっと難しい。というか覚えないと・・・

    ただ、また読む必要はない感じなので、問題集を読んで復習しよう。

  • ディープラーニングに関する正しい知識はこれからは必須だろう。プログラミングはできないが、ディープラーニングで何ができて、何ができないのか、何が得意で、何が不得意なのか、を正しく理解することは非常に重要だ。

    G検定は、そういった観点で必要な知識をまとめて身に付けえるのに適当だということなので、本書を手に取ってみた。なかなか、このテキストだけだと理解しづらいところもあるが、テストも受けてみるかな、と。

  • 本書が出版されるまで、G検定は非常に勉強しにくかった。

    検定側が推薦する図書は存在するものの、問題集がなかったためである。そのため、情報量の多い推薦図書は読むときに強弱をつけられず辛かった。

    本書には、推薦図書の要点と想定問題がまとめられている。まずは本書で勉強した後で、推薦図書を読むことを勧める。

  • ■書名

    書名:深層学習教科書 ディープラーニング G検定
    著者:浅川 伸一 (著), 江間 有沙 (著), 工藤 郁子 (著), 巣籠 悠輔 (著), 瀬谷 啓介 (著), 松井 孝之 (著)

    ■概要

    これからの時代に必須の新資格「G検定」の対策書!試験を知り尽くした著者陣による執筆!
    「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018」に完全準拠!練習問題つきなので、試験勉強に最適!
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    実際に試験を受けた結果ですが、これだけでは圧倒的に足りません。
    他の推薦図書も目を通しておかないと、結構厳しいと思います。

    ただし、深層学習についても読物としてで言えば、良いと思います。
    私も全くの初心者でしたが、概要についてはある程度理解できました。
    ただし、概要については分かるのですが、少し深堀して、実施どうやっているの?
    という話しになると、この本ではさっぱりです。
    こういう手法があるというのは分かるのですが、それを実際、どういう言語を使って
    どうやって実現しているの?という部分についいては、この本、この検定では分かり
    ません。
    そこら辺は、別の本で勉強する必要があります。

    完ぺきではないですが、試験対策として有用ですし、初心者用の読物としても有用です。
    試験、受かっているといいな・・・・

  • G検定対策本としては中々纏まってて勉強し易い。

    基本知識に自信があるなら、試験当日にさらっと目を通しておけば多分受かる。

    歴史的な技術の連続性が見えたり、プロとして抑えるべき法律・倫理を浅く一通り学べる。


    個人的にはいい試験だった。

全7件中 1 - 7件を表示

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキストのその他の作品

浅川伸一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
エリック・リース
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキストを本棚に登録しているひと

ツイートする