池田晶子 不滅の哲学

著者 :
  • トランスビュー
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798701448

作品紹介・あらすじ

「私には個人の意見というようなものはない」
では、彼女の言葉はどこからやってきたのか。
「池田晶子」とはいったい何者か。
突然現れて去った孤高の思索者の、
言葉と存在の謎に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 批評家若松英輔による哲学者池田晶子紹介。言葉である池田晶子は語り続けている。池田晶子は今も生きている。そのことを証しするための文章。それは池田晶子の小林秀雄に対する態度が重なる。精神は無私である、という態度。

  • 18/04/01。

  • 在野の哲学者・池田晶子について論じた本です。

    池田の哲学をわかりやすく解説することほど、意味のないことはありません。著者が本書において試みているのは、池田の思索をたどりつつみずからの言葉を紡いでいくことによる魂の交信であり、それは池田が小林秀雄や埴谷雄高、ソクラテスらを相手におこなってきたことと何も変わらないはずです。

    しかしながら、本書から何を得ることができたのか、と考えると、答えに窮してしまうのも事実です。著者自身が池田の魂と交信した記録として、本書のことばが残されているということはわかります。しかしながら、池田のことばにさらに本書のことばを重ねることが、われわれ読者にとってどういう意味をもつのかということが、いまだに自分のなかではっきりしません。

    池田晶子や斎藤慶典のような、一つの問題をめぐってくり返しことばを重ねていくようなタイプの哲学者の場合、彼らについて論じることにいったいどういう意味があるのかという疑問を覚えます。

  • (池田晶子記念)わたくし、つまり Nobody賞
    http://www.nobody.or.jp/

    トランスビューのPR
    「「私には個人の意見というようなものはない」
    では、彼女の言葉はどこからやってきたのか。
    「池田晶子」とはいったい何者か。
    突然現れて去った孤高の思索者の、
    言葉と存在の謎に迫る。」

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1968年新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。批評家。読売新聞書評委員、『三田文学』編集長。(株)シナジーカンパニージャパン代表取締役会長。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」で第14回三田文学新人賞評論部門当選。2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて第2回西脇順三郎学術賞を受賞。著作に『井筒俊彦 叡知の哲学』、『生きる哲学』、『霊性の哲学』、『イエス伝』など多数。

若松英輔の作品

ツイートする