闇のトラペゾヘドロン (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

制作 : 小島文美 
  • 創土社
4.20
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798830186

作品紹介・あらすじ

東北地方の中堅都市、星橋市をウルトラマラソンの下見に訪れた黒田と滝野川。レンタカーでコースを走る途中に立ち寄った「闇の美術館」で目にしたものは、"ロバート・ブレイク"という名前の作家兼画家の作品の数々であった(『闇の美術館』)。「ねえ、"メーアン様"んトコ、行こう」幼い少女モモに誘われ、モノクロは夢の中の世界を渡り歩く。現実世界では静岡県蒼野辺に大学の合宿で来ているが、奇しくもその近くに冥闇様という祠があるという(『マ★ジャ』)。ある日、世界は破滅した。「きみ」(プレイヤー)は、これまでの肉体と切り離され、精神を奇怪な結晶体に封じられた。きみが宿る"輝くトラペゾヘドロン"は、時の彼方へ飛ばされる。自力では移動もままならず、会話もできないきみにできるのは、周囲の知性体にビジョンを見せて誘導することだけだ。きみは、数億年の年月を旅する。なすべきことを推理し、単語を組み合わせ、進むべき道を見つけ出すのだ。人に戻るか、それとも人ではない何かになるか…(『闇に彷徨い続けるもの』)。1つのクトゥルー作品をテーマに3人の作家が小説、ゲームブック、漫画などの様々な形で競作するオマージュ・アンソロジー・シリーズ、第9弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆闇の美術館 地方の小美術館にありそうな、怪しくどきっとしそうな部分にスポットならぬ闇をあてた、それをマラソンという健康的なスポーツにからめたところが凄い ◆マ★ジャ とある有名な古いアメリカホームドラマを知っているといないとでは大違いになるラスト。なあるほどそうきましたか~。面白っ。 ◆闇に彷徨しつづけるもの 一行目からぐっとくる。にゃるさまがいっぱい。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1960年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。早稲田大学第一文学部卒。87年『地底の鰐、天上の蛇』(幻想文学会出版局)でデビュー、97年『百鬼譚の夜』(出版芸術社)で本格デビューし、幻想小説、ミステリー、ホラーなど多岐にわたる分野の作品を次々に発表する。近年は時代小説に力を入れ、人情ゆたかな世界を描き続けている。「小料理のどか屋 人情帖」「南蛮おたね夢料理」「大江戸隠密おもかげ堂」「包丁人八州廻り」「大江戸秘脚便」など各シリーズがある。

倉阪鬼一郎の作品

ツイートする