難民問題と『連帯』―EUのダブリン・システムと地域保護プログラム

著者 :
  • 東信堂
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798900131

作品紹介・あらすじ

欧州共通庇護制度の進化・完成は可能か。欧州庇護法形成を促進させる種としてのダブリン・システムを、EUの理解から始め、システムの歴史・仕組みの分析・問題点を剔出することにより、難民問題における「責任の分担」「負担の分担」そして「連帯(solidarity)」という理念の構築への途を探る、本格分析の書。

著者プロフィール

中坂 恵美子(広島大学大学院社会科学研究科)

「2018年 『国際法入門〔第2版〕 逆から学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中坂恵美子の作品

難民問題と『連帯』―EUのダブリン・システムと地域保護プログラムを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×