人生を「貧しくしない」ために! 今スグやっておく25のリスト

著者 :
  • すばる舎
2.94
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 76
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799100813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっておくことについて知りたくて読書。

    読者ターゲットは30代と思われる。ちょうど適年齢、ラッキー。

    20代の資産を30代以降で複利のように積み重ね時間とともに増やしていくことを述べている。

    相手主義。相手がいてこそ、商売は成り立ち、成長も学びもある。営業出身らしさを感じる。

    20代の人脈へアクセスする。
    人脈は煙のようなものなので、放置しておくと消滅する。
    30代は人と人をつなぐ。

    最後の5章からは確かに今後の生き方を考える氣づきを得ることができる。

    投資。お金ではなく、相手への投資。欲を知り、ニーズを満たしてあげる具体的な行動。維持するべき時間と労力をかけるべき人とそうではない人をしっかりと知り、選択する。

    自分が欲するものをまず相手へ率先して与えるの黄金律の応用、発展版。

    読書時間:約30分

  • 成長するチャンスをものにする方法満載
    何よりも気付きが大切

  • 人生はいつだって、気づければ変えられる……。
    常に大切なことに意識を向けて行動することで結果は変わってくる。
    本書は、ちょっとした時に、それぞれの状況においてどのようなことを意識していくと良いかなど人によって気づくところがある本です。

    私は、まずはネガティブな口癖は殲滅しようと思いました!
    「どうせ」「今度」「ついてない」「忙しい」「○○のせい」。
    諦めず、先送りにせず即決し、チャンスが来るよう常に余裕を見せる。そして、何事も人や運のせいにせず自分の改善点に気付き成長する。
    それが大切なんだと感じました。

  • トップ営業マンからの経験をもとに人との縁の大切さについて書かれた本。
    最後の5章だけでも学びが多く、読みやすい本です。
    30代,40代向けのメッセージですが、人生の豊かさについて考えられるものでした。

  • 20代でどれだけの仕事の量をこなせるか?あるいはどれだけ経験値を上げるかで自分の対応出来るも徐々に上がる
    →目先の事をやり倒す事が成長に欠かせない要素

    相手のメリットを最優先に考える
    →自社より他社の方が相手の為なら自社は引っ込め、他社を勧める

    名刺を配らず、欲しがられる人になる

    やらない・しないデメリットと、やる・するメリットを量りにかけるトーク(しないよりした方が圧倒的に得する)は相手を動かす秘策

  • http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=309
    以前、「今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?」を読んで感銘を受け、2冊目を読んでみました。期待して読んだだけにイマイチな内容でした。

    ■「プロ」と「アマ」との違いを意識する
    プロの仕事はいつだって細部に違いが現れる。細かい所に気配りが行き届いているからこそ、期待以上の満足をあらゆる人に与えられるのだ。
    相手の満足を少し超えたレベルに、自分の目標を設定している、こういった仕事ができる人こそが、本当のプロフェッショナルなんだと感じている。
    仕事をやっている以上、プロフェッショナルでなければならない。
    細部に気を配った仕事をしよう。人が期待している以上の付加価値をつけて、感動してもらおう。毎日の仕事にプロとしての自覚を持つのだ。

    ■人との違いをトコトン出そう
    とにかく「人との違い」を出してみよう。注目される「ように」狙って動くこと。とくに派手でなくてもいい。地道に人と違うことをすることで、注目度は確実に上がり始める。ポイントは、人があまりやっていないこと、継続して取り組める簡単なことに絞ること。
    人と同じことを同じにやるだけなら、自分じゃなくていい。
    自分でないといけない仕事をしたいものである。
    実力がないのだから人と同じことをやっていては勝てない。
    注目される「ように」狙って動こう。

    ■「蓄積評価」を意識しよう
    現在のプロフィールというモノは、「過去の蓄積」によってできている。評価は日々更新され、少しずつ蓄積されていく。過去の評価は変えられないが、今この瞬間以降の行動次第で、あなたのプロフィールは如何ようにも変えていけるのだ。
    今やっていることは全て、地層の断層や年輪のように、1年1年、着々と評価が蓄積されている。だからこそ、今を大切にしなければ、1年後の評価は間違いなく下落するだろう。そういうことをキチンとわかっていれば、下手なことはできないものである。
    信頼を得ることは簡単ではない。毎日、毎日の積み重ねにより形成されるものだ。
    そして信頼を失うのは一瞬で、取り戻すことはなかなか容易ではない。
    そう考えれば、1日1日を大切に、誠実に生きなければいけないと思う。

    【1読書1アウトプット】
    「プロ」としての自覚を持って仕事をする

  • キンドルで安かったから読んでみたけど、読んだ直後にタイトルすら忘れそうになった。
    読みやすいわりに、途中で読んでいて疲れてしまったので、気分によって合うときと合わないテンションのときがあるのかもしれない。
    特に目新しい情報はなかった。

全7件中 1 - 7件を表示

人生を「貧しくしない」ために! 今スグやっておく25のリストのその他の作品

中村将人の作品

人生を「貧しくしない」ために! 今スグやっておく25のリストを本棚に登録しているひと

ツイートする