これだけ! KPT

著者 : 天野勝
  • すばる舎 (2013年8月23日発売)
3.85
  • (16)
  • (26)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :189
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799102756

作品紹介・あらすじ

Keep:いいところ、Problem:悪いところ、Try:改善のためにやること。これらをしっかり共有するだけで業績&チームワークは劇的にアップする!シンプルで効果絶大!すぐに使える新手法!

これだけ! KPTの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 180127読了5冊目。

    チームとしてのサイクルに活用すべきもの。
    必要だけど、時期じゃないか。

  • ふりかえり美人になる方法~スクラム会議で発表しました~: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/451542435.html

  • KPTの解説書と思って、読まないと相当損をすることになる。まず、KPTのやり方自体も具体的に書かれていて、実践につなげやすい。ただし、単なるフレームワークの説明にとどまらず、かなり本質的なチーム論/リーダー論にまで踏み込んでいる。

    コンパクトで読みやすいこともあり、すべてのリーダーにオススメ。

  • チームマネジメントやセルフマネジメントに使えそうだと思って読んだ。
    PDCAより手軽に扱えそうで、効果も高そうなので、KPTで目標達成に向けてがんばってみようかなと思う。

  • 自分が読んだことのある本の作者に会ったのは、この本が初めて。本では基本のKPT(1周)を身につけることができる。

  • 読みやすくわかりやすい内容。
    KPTをすぐにでも取り入れられそうな手順や、しっかり行う場合など書き分けられているので、導入しやすい。
    既に経験のあるKPTをより良く行う上でも重宝すると思う。

  • ふりかえり、KPTをやってみて、さらにこの本買ってきて読んで、社内でプレゼンしたら賞もらいました。

  • 内容として非常にシンプル
    シンプルなだけに採用しやすいフレームワークだった
    業務改善のスキームを考えてる人で、KPTを知らない人が一読するには非常に価値ある内容

  • 自分自身も含め、自分の周りでKPTを使っている人は多いが、意外とKPTについて一通りしっかりと学んだことがあるかと言えばそうでもない。

    KPTがシンプルであり根本原理の理解が容易なためだが、より効率的かつ効果的にKPTを使いたいと思うのであれば、一読すべきだろう。

    筆者の経験を基にした、さまざまな工夫は非常に参考となった。

全25件中 1 - 10件を表示

これだけ! KPTのその他の作品

天野勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
エリック・リース
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

これだけ! KPTに関連するまとめ

これだけ! KPTを本棚に登録しているひと

ツイートする