会社では教えてもらえない アウトプットがすごい人の時短のキホン

著者 :
  • すばる舎
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799108543

作品紹介・あらすじ

「会社では教えてもらえない」シリーズ最新作。
「早く帰りたい…でも仕事が終わらない」「業務量が多くて、毎日残業ばかり…」という人のために、利益を生みつつ効率よく仕事をするポイントを紹介します。仕事のちょっとしたコツ次第で、時短は驚くほどスムーズに進みます!今更聞けないスケジューリングや段取り、細々した雑務の進め方など、図版を用いて易しく丁寧に解説。また、職場でのコミュニケーションの取り方など、実践ですぐに役立つノウハウが満載。「お急ぎですか?とひと言聞く」「集中タイムを設定する」「メールは一日の最後に返信」…など、ムダのない時短テクニックを手に入れましょう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よくやる時短術

  • はっきりいって、内容はありきたりで薄っぺらい印象。特に表紙から硬派な印象受けたのに、文字数も少なくて完全に若手向け。(本屋じゃなくてネットで買うとたまにこういうことあるからそれはそれでいい勉強になったが。)

    とはいえ言ってること自体の7-8割は全うで、分かっていながら出来てないこともしばしば、と感じた。

    ■アウトプット(売上)につながる業務か?
     それとも付随業務か?

    見極めようってのはどきり。そして何に余計な時間割いてるから等の現状わかれば対策も出来る。

    ・上司の質問データベース化。は面白い。
    ・スキル獲得は時間かけてもそのあと充分回収出来る。
    ・集中タイム設ける。

    もその通り。毎回メール見ない。電話に出すぎなくていい。好きにやろう、と思った。

    メール即レス重視し過ぎなくてもいい。

    とにかく30分もせずに読了。

  • 僕の御馳走"ECRS"。御馳走様でした。

  • 人事系コンサルタントの本。内容は良書だが、同内容の本は世の中に溢れており、流し読みしてみるのがよいかも。メールに縛られない仕事の仕方、途中経過の報告や方針確認が必要。時短はやめること、やらなくていいことをみつける。時短のスキルを身につけるために時間を投資するなどなど。

全4件中 1 - 4件を表示

各務晶久の作品

ツイートする