神メモ 紙1枚で人生がうまくいくメモの技術

著者 :
  • すばる舎
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799109243

作品紹介・あらすじ

「紙1枚」のメモで、人生は自由自在!仕事、お金、人間関係、パートナー、夢、ライフスタイル、コミュニティ、自己実現、社会貢献に効果バツグン。のべ50万人以上の人生を変えてきた著者が長年実践し、研究してきた、紙1枚でできる「実現メソッド」を大公開!誰でも今すぐできて簡単なのに、夢や目標をガンガン現実化してきた、破壊力バツグンの超すごい方法!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 0 読書準備
    (1) メンタルマップ
      ア 樺沢紫苑のお勧めで読んでみた。
      イ 書くと言うことの知識を学びたい未知の事を
       学びたいから
      ウ 一つ以上の書く事のTODO

    1 どんな本?
     神メモと言うメソッドをやり方から効能まで細か
     に教えてくれる本。キーポイントは神メモと言う
     A4一枚の紙を毎日更新する事によって夢を叶え、
     悩みを無くして自分の人生を生きる方法。同じ様な
     本の中でも取り組みづらいと感じる本。

    2 構 成
      全5章構成で1章:メモで全てを手に入れるから始
     まり、メモで人生がうまく行くで終わる。中盤で書
     き方を紹介してそこから150P以上コツとか使い方
     とか理由とか紹介しています。

    3 著者の問題提起
      備忘録ではなく、人生の羅針盤としてメモを使う
     べきだ。「メモはパートナーだ。思考量より行動 
     量。潜在意識に任せる。忘れるために書く。」等の
     使い方で自分の人生を生きれる様になる。

    4 命題に至った理由
      著者が配達の仕事をいている時に、二日酔いでも
     メモを見て配達先を考える事なく回れる様にした経
     験からメモは備忘録ではなく行動する為にあると感
     じ、試行錯誤して神メモを作った。

    5 著者の解
      毎日A4一枚の紙を更新する事によって自分の人 
     生の目的目標を明確にして、潜在意識に刷り込み、
     タスク達成の為の行動量をUPして自分の人生を生
     きてほしい。

    6 重要な語句・文
    (1) 目標はタスク、やる事、具体的な事。
    (2) お金や利益と言うものを明確に定義する。
    (3) 目標の定義や達成を明確にする。測定可能。
    (4) 何の時間かはっきりさせる。
    (5) すぐに手をつけて10%でも進める。
    (6) チャレンジする事は幸せな事である。
    (7) 本当にやりたいことから目を背けてる暇はな
       い。

    7 感 想
      この本を読んでいて他の本でも似た様なことが書
     かれていたなぁとデジャビュな気分になった。大事
     な事は共通しているんだと感じた。刺さった箇所は
    「本当にやりたい事から目を背けてる暇はない」お
     金や利益の定義の仕方を深く知りたいと思った。図
     で書き方はすぐにわかった。人には目標の定義の明
     確化を薦めたい。この本は「神様の視点に立って人
     生を俯瞰できるメモ」から「神メモ」だそうだが、
     神様の視点は畏れ多いので私なら「人生俯瞰メモ」
     と名付けます。
      

  • R3学生選書【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/545123

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ほめ育グループ代表
日本発の教育メソッド「ほめ育」を開発し、世界17 か国、のべ50 万人に広めている。大手コンサルタント会社から飲食店の洗い場に転職し、4 年間住み込み、店長を経験し独立。
「ほめ育」は320 社以上の企業や、幼児教育をはじめとした教育機関にも導入され、また起業家支援も行なっている。日本人初、
海外TEDx 登壇(2021 年8 月予定)。
著書は15 冊(英語、中国語、韓国、語にも翻訳)。テレビ朝日「報道ステーション」、NHK、『The Japan Times』などに登場。趣
味はトライアスロン。モットーは「意志があるところに道は開ける」。

「2021年 『「生きる力」を取り戻せ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原邦雄の作品

ツイートする
×