中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.33
  • (20)
  • (40)
  • (62)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 387
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799310021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本と中国。

    あらゆる方面で切っても切れない重要な関係。

    お互いにそれはわかっているのに、人間同士の関係となると・・・

    中国人に好感を持たない日本人が増えているという。

    なぜか。

    真剣に考えないといけない。

  • 本当にこんなすごい日本のかっこいいやつがいるのか。負けてられないな!ランディ・パウシュの次はこの人だ。なんか転換期が来てる気がする。

  • 2011.11.12読了。

  • 【96/150】この人すごい!若干26歳でと思ってしまうが、中国という環境がこの人をここまでさせたんだなと感じる。

    この本はもともと中国語で出版されている。その日本語版。文章は若干稚拙?のような気がしないでもないが、何より志がすばらしい。

    「中国で最も有名な日本人」という帯が本書についている。2008年、胡錦濤主席が訪日の前に、わざわざ北京大学に彼を訪問しているという。

    これからも彼をウォッチしていきたと痛切に思った。

  • 中国と日本の中立に立った視点で書かれています。
    メディアでは知りえない中国の空気感が新鮮です。
    加藤氏のプロフィールも併せて参照されたい。

  • これはビジネスマンなら必読という感じ。
    これだけ中国の存在が世界経済が影響を与える中、
    その文化や習慣など、なかなか日本にいてはわからず
    理解できない事をわかりやすく説明してある。

  • 簡潔な文章でしたが、若いのに(年齢は関係ないけど
    自分の努力不足と相対的な反省含め)行動していてえらい。


    揚逸の小説に記載されている内容と同じで、今の
    中国人にとって必要なのは、生活であり安定なんだね。

  • タイトルで購入してしまった本。そして期待を越えた本だった。日中の関係は、あらゆる部分で大きくなっている今、お互いを理解し、より実質的未来志向の問題において他を携えることが重要という。第7章の歴史認識での言及も著者らしい。最終章では、「日中両国民は’どうやってつきあうか’を明らかにする前に、まずは’どうやってお互いを知るか’ということをかんがえるべきだ」という。両国民が、どのように相手と自分を知るかを考えなくてはならない。そして、他人への理解が自分の利益を決定せることもあるのだ。と言及している。最後のコメント「中国人は本当にそんなに日本人が嫌いか」にこたえた部分がいい。

  • 今日、中国で最も有名な日本人と言われる、加藤嘉一氏の著書。
    北京大学に留学して8年、今では北京大で教鞭をとる以外にも、
    中国・香港メディアへの出演や、昨今では日本メディアへの出演も増え、
    日中間を跨いだジャーナリストとしての活動をなされている氏だが、
    著書の中では、中国に偏ってるわけでもなく、
    一方で、日本の肩をもっているわけでもない。
    いくつかの側面から、双方の立場を分析し、
    どちらが良い・悪い関係なく、どちらにも尊厳を示しながらも、
    正すべき点は明示さえ、自身の主張をはっきりの述べておられる。

    その中で、個人的に注目した点の1つを紹介。

    【中国は自由な国か、日本は自由な国か】
    日本人の多くが「中国には自由がない。中国人には自由がない。」という印象を持っている。自分もそれは否定できない。ただ、氏は、何を「自由」とするのか、西欧や日本人の考える自由と中国人の考える自由は異なる、と述べている。 我々はたいてい、言論や宗教といったものにおける自由を考えるが、中国人のそれとは違うと。そもそも共産党が人々の生活に介入していることが常識化しているゆえに、政治に対しての自由を追求することは時期尚早であると考えている。それよりも今彼らが共通して目指しているのは、自由ではなく発展であると割り切っているのだ、と。
    では、一方で日本人は自由なのか?氏はこのような問題を提起している。公の場における他人への配慮。厳格な法整備。これらによって、国の秩序が保たれている一方で、ある種の「空気」が日本人の自由を妨げていることも考えられないだろうか、と述べている。だからこそ、プライベートな空間に一端入ると、安心感がどっと湧きあがってしまう。

    このように、相手を批判することがあっても、自分自身、自分の国についてしっかり考えることを怠っていた、ということを改めて認識した。日中間における貿易依存度は高まり、ヒト・モノ・カネの流動はより進んでいくであろう今だからこそ、相手の影の部分だけを見つけてはつつくのではなく、双方の立場をしっかりと理解し、受け止め、尊重すること。自分の常識を、相手に求めること自体間違っている。時には日本を、時には中国を、鋭い論調で示しながらも、相互の関係が、「結果として」良好に向かうことを願っている氏の今後の活躍を期待したい。

    自分個人のこれからの北京留学に向けての、貴重な一冊となった。

著者プロフィール

米ニューヨーク・タイムズ中国語版コラムニスト。1984年静岡県生まれ。北京大学国際関係学院卒業。上海復旦大学新聞学院講座学者、米ハーバード大学ケネディースクール(公共政策大学院)・アジアセンターフェローなどを歴任。著書に『たった独りの外交録──中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる』(晶文社)『われ日本海の橋とならん』『中国民主化研究──紅い皇帝・習近平が2021年に描く夢』(ともにダイヤモンド社)など。

「2018年 『日本夢 ジャパンドリーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか (ディスカヴァー携書)のその他の作品

加藤嘉一の作品

ツイートする