中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.33
  • (20)
  • (40)
  • (62)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 387
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799310021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校三年になり、地方の大学に行こうかどうしようかと悩んでいるだけで精一杯のわたしからすれば、北京大学にスカウトされるよう自己PRするだなんて、よくそこまで行動できたなぁと敬服する。しかも中国語も話せないし知り合いもいない、お金もないときた。よほど強い意志がないと、できないことだと思う。

    本書は中国で出版したものを、大幅に加筆修正して日本語版として出版したもの(ちょっと古い)。中国版を翻訳したからか、文章が少し読みにくいが、よく中国のことを勉強しているのが窺える。しかし、その一方で本当に日本のことを客観的にしか見てくれていないのだな、という印象を受けた。
    まず「ぼくたち自身が選んだ総理大臣がなぜころころ変わるのか」とあったけど、わたしたちが直接首相を選ぶことはできない。直接選ぶことができないから、どの人が首相になっても同じだと思い、ますます政治離れが進む。

    本書で著者が繰り返し言っている、中国とは切っても切れない縁だということも、だからこそ両国を理解することが、良い関係を築くうえで最も重要だということも、だいたいはうなずけるんだけど、理解できたからといって信用はできない。スパイ疑惑があったばかりだし、中国を知ることはできても、そのぶん不信感が募ってしまう。メディアを通して、知れば知るほど嫌な国に見えてくる。テレビでも新聞でもネットでも、中国が批判されるのにはそれなりの理由があると思う。

    とはいえ、今回この本を読んだことで、いろいろと考えるきっかけにはなった。

  • こんな人がいたんだ。

    ・中国人と日本人の仕事の上でのほとんどの違いは、「計画」と「変更」をどう処理するかという問題に関係しているのではないかと思う。中国人はほぼ100%「計画は実行に追いつかない」という諺を知っている。

  • 最近、中国語を勉強しており、NHKの中国語語学番組でこの著者さんを知りました。

    内容はわりと面白かったけど・・・文章が残念。
    何を言いたいのかわからない。
    結局主張はどれか、主張の根拠は何なのか、非常にわかりにくい・・・
    (中国語の感覚と日本語の感覚の違いなのかしら…)

    あと、見出しと内容が一致していない気がするのですが…
    見出しは「中国人はなぜ○○なのか」で、
    文章中にその答えがどこにもない。答え、気になる・・・

    この本のテーマは、日本と中国の文化比較論なのですが、
    日本の文化についての彼の意見はあまり納得できない。
    (中国の文化は私は知らないから、真偽は確かめられないけど)
    「日本人は、〜〜と考える傾向があるが・・・」
    とあっても、「いやいや、違うくね?」とツッコミを入れたくなった。

  • 著者:加藤嘉一という名前を知っているだろうか?

    正直、全然知らなかった・・・。
    こんなすごいヒトがいたなんて・・・。

    幼い頃から日本の現状(瞬発力や表現力に欠ける、内向的すぎる、
    包容力が足りない、排他的・閉鎖的で、異なるものを受け入れない、
    外国語レベルやコミュニケーション能力が低いという日本人のこと)に
    不満を持ち、早く外に出たいと渇望し、既存の体制に対しては
    懐疑心しか生まれなかったというのだから、とんでもない人だな・・・。

    まあ、中国に物申せる日本人が出てくることはいいことだ!

    一番印象深かったのは、
    「中国は、実はとっても自由な国だった!?」
    という章だろうか。

    われわれ日本人にとっては、中国のほうが言論統制されていて
    自由がないイメージがあるが、彼曰く、中国では少なくとも
    「出る杭は打たない」ようだ。

    彼が伸び伸びと自由な言論活動を展開できているのは、
    こういう土壌もあるからなのだろうか。

    ますますの活躍を期待したいです!!

  • 日本と中国。

    あらゆる方面で切っても切れない重要な関係。

    お互いにそれはわかっているのに、人間同士の関係となると・・・

    中国人に好感を持たない日本人が増えているという。

    なぜか。

    真剣に考えないといけない。

  • 今や「中国で最も有名な日本人」と呼ばれる筆者の日本語デビュー作です。洞察力ある筆致で論じる日中社会比較エッセイで「結局、中国人は、心の中では何を考えているのか?」という疑問へのヒントになると思います。

    この本は今や『中国で一番有名な日本人』と呼ばれる筆者が初めて日本語で執筆した著作です。この本のもとになったものは既に中国語で出版されているそうですが、それに加筆訂正を施したのだそうです。内容は現代中国と日本とのいわば『比較文化論』です。

    「結局、中国人は、心の中では何を考えているのか?」
    この疑問の一端に答えてくれるものとして、入門書としても 意味合いになるかと思います。現代中国は何年かのペースでそれこそがらりと変わるという話を以前聴いたことがありますが、この本の中にはそんな激変を続ける中国の『今』が描かれているなと感じました。筆者が籍を置く恋愛や勉強をはじめとする北京大学をはじめとする学生の様子や微妙な問題をはらみ続ける日中の歴史観に関する話。「ウチ」と「ソト」に関する日中の人間の捉え方の違いなど、さまざまなことに関する筆者の『中国ウォッチャー』としての視点が記されていてその辺が面白かったです。

    しかし、18歳で単身中国に行ってそれ以来ずっと中国を拠点として活動している方なので日本の社会に関するところは職場の習慣に関しては僕も一概には言えませんが「?」と思う箇所がいくつかありましたが、これも日中の習慣や文化に関するものだと考えればある程度は納得がいくことでありました。興味があるという方は一読されてみるのもいかがでしょうか?

  • 日本脱出の経緯といい卓越した語学力に支えられた類稀なる行動力といい国際ジャーナリスト落合信彦氏を思い出さずにはいられない^^;さて本作であるが中国語版が先のようだ。世に読者を選ばない硯学の名著もあるが現時点で氏にそれを求めるのは酷というもの。従って中国人読者が対象となる。幾ら大幅に加筆・修正したと言っても、まだ日本の話題が多過ぎかつ物足りない。高校卒業とともに中国に渡った為、日本社会に関する経験が不足しているのを責めるつもりはないし、反日的でも構わない。もっと読み応えのある、氏にしか書けない中国論に期待!


    『北朝鮮スーパーエリート達から日本人への伝言』 本当はこちらを読みたかったのだがつい二冊買ってしまった。期待度は瀑布のごとく地に落ちたが、積読山の闇に消える前に続けて読むことにする。


    読書コメントとは関係ないが、氏の名前をネット検索するといろんな話がぞろぞろ出てくる。ヽ(*'0'*)ツ

  • 朝生でよく見かける中国通の加藤嘉一さんの日本語でのデビュー作。中国のことをもう少し知った方が良いと思い、書店で見かけた際に購入。

    加藤さんは、中国ウォッチャーと呼ばれているようだが、確かにそんな感じだなという内容でした。彼は、特定の分野の専門家ではないし、特別なキャリアを積んでいるわけでもない。彼が分析しているのは、学問的なものではなく、もっと中国の市民に根付いた空気感のようなものなのではないかと思う。

    この本では、そうした中国ウォッチャーの立場から、その空気感を提示している。ただ、そこを学問的な知見によって分析しているわけではないから、どうしても深く切り込めていないという印象を受けた。
    大雑把に現代中国の空気感を感じ取るには良い書だと思います。

  • 2017/11/12 15:45:20

  • 日中両国からの目線が、リアルでいいんじゃないか、と感じた。ただあくまでも個人的体験、エッセイとして。中曽根元首相の靖国問題解決策は、日中双方に損があり、公平かつ現実的ななものと思えるが、中国は内政干渉と言うのだろうなぁ。

  • 2003年に高校を卒業して中国に渡り、北京大学で学びながら日中問題について情報発信をしている著者の2011年の著書。本書のベースは、前年に中国語で出版された書、とのこと。全編を通じて、個人主義を標榜する著者には中国の水が合っているんだなあ、と感じた。
    中国のお国柄や中国人気質について、表面的に分析したものとしてお手軽だか、残念ながら深みはない。
    高々5年前の書だが、内容を古臭く感じてしまうのは、それだけ国際情勢の動きが激しいからなのだろう。

  • 挫折。なんか頭の悪そうな文章だ。
    日本の大学生とか女性の立場とかについて認識が浅い。ずっと中国にいたから仕方ないのかもしれないけど。

  • 2011年4月10日、2刷、並、帯無

  • 読了。

  • さすが第一人者という活躍っぷり。ただ、スゴイ人の文章がスゴイかどうかは全く別問題という典型的な例かも。

  • 書いてある内容そのものは参考にならないわけではないが、タイトルの質問に答えてないよなぁと。
    そら個人レベルでは日本人と中国人でうまく行っている例は山とあるわけで、そうでないところにどう根深いものがあるのかを知りたかった次第。そこに答えられないのは、この本の元ネタが中国語で中国人向けに書かれたものだから、なんですかね。

  • 高校卒業後単身中国にわたり、いまや中国で一番有名な日本人と言われるほどに活躍している著者が、自身の体験や見分をもとに、日本と中国について論じている本。

    ものすごく素直で率直にものを語る人だなという印象。語られている内容については、自分とは考え方が違うと感じる部分が多かったが、その語りからは誠実な人柄と、怖いもの知らず的なまっすぐさのようなものを感じた。内容よりも、著者の人柄のようなものが印象的な本だった。

  • 320番乗り。リブロLIVIN錦糸町店にて発見。気になる。売れてるみたいだからブックオフオンラインで安く買えるかな。(2012/10/20)

  • 著者の経歴はとてもユニークで、同時に今中国人のなかで最も有名な日本人の一人であるとは間違いない。
    ただどうして日本のマスメディアであまり彼の見解が報じられないのか
    がいつものこる疑問だ。 
    中国研究の権威然としていなく若さから説得力に欠けると
    くと見られているのか、同業者からある意味嫉妬があったりするのか・・

    とにかくそんな旧態な日本のメディアよりも中国語が話せてきちんと
    日本の通常な感覚を持ち合わせている著者が中国でより自らの
    能力と個性が発揮することができるのは至極当然だ。 

    自分がいかに苦労と努力をしてきたか は彼の著書なら必ず入る
    部分で それがしつこく 青臭い部分で
    あるのだが それもひっくるめて彼が中国に留まり、さらに経験と
    人脈を築いてあと10年たった後の中国社会を著す本を読んでみたい。

    内容は 日中比較論的なもので期待の域を出なくて残念「われ日本海の橋とならん」の方が共感できる部分も多かった。  

  • われ日本海の橋とならんの方が面白い。。。

    が、刺激を与えてくれる一冊にはなる。

    近代史について、じっくり勉強したくなった。

    何かについて自分の言葉で意見を言えるというのは素晴らしいことだ。

  • 北京大学時代の話まではそこそこ面白く読めたが、途中から全く面白くなくなった。著者の体験ではなく推測や推論が延々と続くのに辟易してしまう。読んでいてためになる部分はほとんど無かった。

  • 文章自体の洗練度は高くないので、読んでいてちょっと冗長な部分が沢山ある。

    しかし、著者の観点、とりわけ日中それぞれの文化・メディア・国民性・政治構造というマクロ的な観点から、実際に起こった事件に関する日中間の対立構造の裏側を解き明かして行く部分は興味深く読ませてもらった。

    マスメディアの報道を通して事件を把握すると、こと感情論先行型で受け止めてしまいがちだが、一旦冷静になって咀嚼しなおすことも大切だと思う。

  • 目から鱗の内容だった。読みやすい。

  • 【図書館】
    普通。

    作品の紹介
    日中間では、ビジネス、文化交流を問わず、さまざまな局面で摩擦や衝突がよく起きる。なぜだろうか?お互いのことを「誤解」しているからだろうか?だとすると、それはどこから生まれたのだろうか?加藤嘉一、26歳。北京大学に単身留学し、8年にわたって新聞・雑誌コラム、ブログを通じて、中国の人々への発信を続けてきた。今や、「中国で最も有名な日本人」と呼ばれるようになり、真の「日中関係の架け橋」としての活躍に大きな期待が寄せられている。そんな彼が、自分の目で見て感じた中国の「今」とは、いったいどんなものだったのか?―本書は、中国で出版され、若者を中心に大きな話題を呼んだ彼の代表作に大幅な加筆修正を施し、日本語版として刊行するものである。日本凱旋デビュー作となる本書は、切れ味鋭い、洞察力にあふれた日中社会比較エッセイであるのと同時に、「結局、中国人は、心の中では何を考えているのか?」を知りたい人にとっても、すぐれた示唆に富む書となっている。

  • この人の生き方は現代人のあるべき姿の一つだと思う。ホント、凄いと思える日本人。

  • 意外にお隣の中国について知らないことや誤解をしていることが多いことを実感。日本は「出る杭は打たれる」中国では「出る杭は打たれない」逆に出ないと打たれる…
    日本と中国での自由に対する認識の違いも意外なものであった。意外にもお互いを理解しようとしていないのは我々の方かもしれない。もっと隣国について学んでみたいと思った。

  • 著者の”われ日本海の橋とならん”を2011年に読んでおり、その際、日本人からみると中国人はなぜそう見えるのか? その理由を知る点で非常に役立つ一冊だったので、今回たまたま関空の本屋で見かけた、著者の作品をもう一冊買ってみた。 

     しかし、残念ながら今回の一冊は、今ひとつ何が言いたいのかが伝わってこない。最大の興味であった、表紙タイトル、『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか?』に対する答えが最後にまとめられているが、あまりにも一般論すぎて少々がっかりした。 

     また、言い回しがやや狙いすぎの部分が多く、気になって内容に集中できない。もともと中国語版が出版され、その後日本語版がでたとのことななので、和訳時の問題なのかもしれないが、、、『われ日本海の橋とならん』が後から出版されたことを考えると、どうも読む順番を読み間違えたのだろう。

  • この本を読んだのは、著者の加藤嘉一さんの公開インタビューが大学で行われたのを聴きにいったのがきっかけ。

    そのまたきっかけが、NHK『爆問学問』に“中国で今最も有名な日本人”として紹介されているのを観たから。

    でそのまたまたきっかけが、彼が知り合いの知り合いで、以前から話を伝え聞いていたから。


    今、中国中国って世界中が話題にしていて、確かに経済とか?教育界とか?進出?しているような気がするけどさ・・・←はい全然わかってないー^q^

    実際に中国でリアルに何が起きてるかを知ってるひとって、なかなかいないんじゃないかな・・・そんで、それを聞く知る機会って、わたしたちもあんまりないんじゃないかな・・・・・・。それが、高校卒業とともに中国に留学してから8年間滞在している彼の独自の視点から、私たちは覗き込むことができる。

    ただ伊達に8年間滞在してるだけじゃないよ。

    もんのすごい洞察力だよこのひと。
    そんで言ってることが明瞭でわかりやすい。

    中国人って日本人のことどう思ってるの?
    日本人の私たちは、中国人のことどう思ってるの?
    中国人は反日デモするくせに、家には日本のメーカーの商品があふれているのは何故?
    ほんとに反日なの?
    そもそもなんでそんなに反日なの?
    中国って、これからどうしたいの?
    そのために、どんな戦略をたてているの?
    中国の人は今どんなことに希望を見出し、どんなことに不安を抱いているの?
    中国人女性って、なんで“強い”イメージがあるのだろう?
    中国のいう”エリート”って?
    中国と日本の大学生は、どんな意識のちがいがあるの?
    ・・・・・・・・・・


    大学の近くのマックやカフェでゆっくりしてるとさ、必ずと言っていいほど中国人留学生が熱心に勉強してるんだよね。
    英語のw日本にきてるのに英語で話してるし、話しかけてくるし。
    日本語しゃべれー゜―゜ぷん
    みんな、欧米の大学院目指してるって雑誌で読んだけどほんとかな?
    でも、なんでそんなに欧米に憧れるの?
    てか、なんでそんなに勉強してるの・・・・?

    っていつも頭のどこかで思ってたところがあったから、興味津々で読んでしまった。

    面白かったのが、中国人と日本人の「世間」に対する意識のちがい。
    日本人には「世間様」という、決してないがしろにしてはいけない、できない大きな存在(概念)がある。だから、「世間様」の目に触れる公共の場では、他人に迷惑をかけないよう、他人から”浮かない”よう、細心の注意を払う。そのため、世間様の目を気にしなくても良い”ひとりの時間”には思いっきりくつろぐし、部屋が汚くたって、身なりが汚くたって、だらしなくたって構わない。「世間様」に対して面目を保っているのだから、それくらいしないとやっていけない。   って発想。

    でも中国はその逆。日本人は中国人に対して”横柄”とか”自分勝手”とかいうイメージを持つ人が多いみたいだけど、意外や意外・・・
    家のなかではきっちりしているんだって。(そりゃいろんな日本人や中国人がいて例外はあるけどネ!)
    プライベートでは遠慮深くて、控えめ。理性的。公共の場では無遠慮なのに。

    なぜか


    プライベート空間は”自分の一部”と思っているから。公共の場は”弱肉教職の舞台”。
    中国人だって無秩序でルールを無視する他人の行為にはイラついているみたい。だからって、ルールに従おう  とはならないみたいだけど。。

    日本人のストレスは、ルールに従うことからくるものが多く
    中国人のストレスは、ルールのない無秩序な環境からきているものが多い。

    って、加藤さんは言ってる。

    そりゃ極端な意見かもしれないし、真実ってのはわからないけど、たしかに彼独特の洞察力とかものの見方に寄り添ってみると、なかなか面白い。

    加藤さんすごいよ。まだ27歳だよ?
    ゼロから1年で中国語を同時通訳できるレヴェルまでもっていくとかさ。
    あとね、講演いって生で彼を見たからわかったけど、めっちゃスタイルいい←
    これ関係ないけどね^^笑

    東京マラソンに出るらしいから、陰ながら応援~^p^

    とにかく、この本は何も考えずにすらすらすら~って読めるからオススメ。
    中国いきたくなっちゃうかもよん❤
    願わくば、北京に行ってね、生でね、煮えたぎる中国のなかで毎日を過ごすアツイ中国人を生で見てみたい。
    でも、噂の“暇人”も見てみたい。
    北京大学に潜入してみたい。
    とにかく、中国の空気のなかに身を置いてみたくなった><
    正反対?、全然違う?そんなイメージがあるからこそ、そんなイメージを自分で払拭したいからこそ、行ってみたい。

  • 著者とは同い年。
    以前日本のテレビに出演したときに初めて名を知った。この分野でバランスよく日本と中国を見ている評論家の1人で、個人的にこの人の発言はだいたいにおいて信用できると思う。

    著者の本を読むのはこれが初めてだが、テレビで見たときの印象とは違い、本は若干、読みにくかった。個々の見出しで提示されている問題にきちんと彼自身の答えが出されているものが少なく、事例は理解できたが何を言いたいんだという印象がぬぐえない。話題が途中からずれていくのも読みにくさの一因となっている。もっとも、まだ本書の半分ほどしか読んでいないので、これですべてを評価するには難ありだが。

    個々の事実(あるいは事例)についても、若干、詰め切れていない感がある。両国どちらか問わず、確かに著者のいうような事実はあるが、それは一面でしかないのではないかと思わせる場面も多かった。あくまでも「加藤嘉一氏の見方」であって、客観的にそうなっているとは思えない事例もあった。

    とはいえ、本書半分を読んだところで、非常に印象に残った指摘が「中国の社会には価値体系がない。これがカオス状態をもたらしている」ということ。本当なのかは考え詰める必要があるものの、言われてみればそんな気もした。

    若手評論家であるだけに、今後も本を出されれば読んでみたい。

  • 中国という国を内側から見た詳細が書かれていた。国の制度や取り巻く状況、文化や社会的背景を知らないと、その人たちの行動を理解できないころもある。自分の国の常識の中で、他国の人を判断する前に、相手国のことを知ろうとする努力をしなければならないと感じた(当然のことかもしれないが・・・)。
    前回読んだ本と重複していると感じる部分もあったので、★3つ。

全70件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

米ニューヨーク・タイムズ中国語版コラムニスト。1984年静岡県生まれ。北京大学国際関係学院卒業。上海復旦大学新聞学院講座学者、米ハーバード大学ケネディースクール(公共政策大学院)・アジアセンターフェローなどを歴任。著書に『たった独りの外交録──中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる』(晶文社)『われ日本海の橋とならん』『中国民主化研究──紅い皇帝・習近平が2021年に描く夢』(ともにダイヤモンド社)など。

「2018年 『日本夢 ジャパンドリーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか (ディスカヴァー携書)のその他の作品

加藤嘉一の作品

中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

ツイートする