年収200万円からの投資生活宣言

著者 : 横山光昭
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013年6月14日発売)
3.40
  • (5)
  • (22)
  • (25)
  • (8)
  • (0)
  • 本棚登録 :227
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799312674

作品紹介・あらすじ

年収200万円でも、お金は増やせます!老後や教育、将来の夢のために!はじめての人でもカンタン&怖くない!「NHKあさイチ」でも大人気の凄腕コンサルタントが教えます。

年収200万円からの投資生活宣言の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 23-2-7

  • 投資の入門書。各種投資手段のメリット・デメリットが一通りわかる。投資を始めるなら、対象の金融商品について具体的に深掘りした本が、もう1冊欲しいところ。
    最終章で、「自分への投資」の重要性を説明している。自己啓発的な内容だが、この本の付加価値なのだと感じた。
    自分の人生の充足のために、どうお金を使って(投資して)いくか?ひとつの姿勢を示してくれる。

  • 投資に興味があるけど何から...という方向きの本です。リスク=不確実性とう考え方が面白いなと思いました。

  • やっぱり投資をする前に貯金は大事。まずは横山さんの貯金の本から読まなきゃな。海外で投資をやろうと投資の本を読み漁ってたけれども、長期的な視点で行っていくのがいいとのコト。それならやっぱり海外では私には無理かもと教えてくれました。

    難しい言葉とかなくて分かりやすく、また投資を始めようかなと思う人にもいいかもしれない。

  • 内容は一般的な積立投信のやり方とほとんど同じ。
    でもその書き方は初心者にわかりやすいだろうなーと感じた。
    今まで投資なんて怖くて手を出せませんでしたって人にオススメ。

    手を出してはいけない商品も挙がっているので、参考になるかと思います。
    (私は、外貨預金賛成派ですが…為替差益をねらって、という目的だと、やめた方がいいということですかね)

  • 投資はアセットアロケーションが大事。
    長い目でインデックス投資が吉、勉強すれば怖くないというこの方法論は現在でも通用するのだろうか。

  • まとまったお金を投資するなら、投資資金の他に、年収分の貯金が前提

    買いたい5つの商品
    1.積立型でないインデックスファンドを組み合わせて持つ
    2.ETF(上場投資信託)
    3.個人向け国債
    4.外貨MMF
    5.MRF

  • いくら欲しいではなく、自分がどう生きたいか、何に使いたいかを考える。やり方を間違わず地道にコツコツ継続すればお金は増える。1番リターンが大きいのは自分への投資。心が豊かになれば視野が広がり色んな事に触れられる。とりあえず投資をはじめてみようと思える本だった!

  • 短時間で読み終われます。
    投資に対するイメージと実際のずれを修正するという意味で、入門の入門書という感じです。

  • 良かった点
    1:やっぱ投資はじめなきゃまずいかなーという気持ちに背中を押してくれるところ。
    2:自分への投資としてズラズラやってみようポイントが書かれてあってどれかひとつはやってみようかなと思わせるところ。

    良くなかった点
    1:この本を読むだけは投信を買うことはできなかった。
    意気込んで証券会社のサイトをみてみたものの、「自己責任!」って注意事項とよく分からない用語がいっぱい書いてあってやっぱ怖気づく。やってみないと分からないのは当然だけどもうちょっと「理論編」だけでなく「実践編」があればいいのになーと思った。

全25件中 1 - 10件を表示

年収200万円からの投資生活宣言のその他の作品

横山光昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ロバート キヨサ...
クリス・ギレボー
有効な右矢印 無効な右矢印

年収200万円からの投資生活宣言を本棚に登録しているひと

ツイートする