忙しいビジネスマンのための3分間育児 (ディスカヴァー携書)

  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.41
  • (2)
  • (13)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799313220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は育児・教育ジャーナリスト。今、子供と一緒にいられなかったら一生後悔すると㈱リクルートを脱サラ。育児・教育をテーマに執筆・講演活動を行う。

    著書に「パパのトリセツ」「中学受験という選択」等多数。

    本書が提案するのは「3分間育児」
    3分でもいいから育児してみよう。3分でもできることはある。家族との時間は量より質。3分でも濃密な時間を過ごせばそこから何かが変わると説いている。

    子どもとのコミュニケーションスキルは、そのまま部下とのコミュニケーションに使うことが出来る。妻とのコミュニケーションスキルはそのまま上司とのコミュニケーションに使うことができる。
    家族を笑顔に出来る男性は、職場を明るくすることも出来る。

    本書の構成は以下の5章から成っている。
    ①忙しいからこそできること
    ②3秒でもキメる!パパの名セリフ集
    ③3分間でも楽しい!パパ遊びアイディア集
    ④忙しくてどうしようもないときの超時空作戦
    ⑤子どもを伸ばす夫婦のパートナーシップ

    特に印象に残ったのは
    ⑤子どもを伸ばす夫婦のパートナーシップ
    内の「ママを笑顔にすることは、間接的な子育て」という説明。
    目から鱗であった。

    現状、妻に子育ての大部分を任せてしまっているのは事実。
    そこでいつでも妻には心身共に最高の状態でいてもらうということはすなわち子供へも最高の育児をしてもらえるということにもつながる。

    そう考えると3分育児は3分妻サービスと置き換えておこなうことも正解である。

    ようはバランス。
    本書での紹介にもあるイクメンならぬイタメンにならないように独りよがりの育児ではなく、周りの人全てが幸せになるよう働きかける必要があると感じさせてくれた。

    3分間育児。
    10回続ければ30分育児。
    侮るなかれ。
    さっそく使わせてもらいます。

  • ちょっと楽観的すぎかな?と感じるポイントは多かったにせよ、家族と溝を感じている人がいれば参考にしてもいいかも。でも3分遊んできっちり終われる訳ないと思うけど。
    最後の章の、育児以外の家事にコミットしようの話の方がむしろ奥さん的には本題では?と思った

  • 違うことを知っておくこと。

    どうせハウツーでしょ、といった期待値を超え、作者の読者に対する気遣いが感じられる優しい一冊でした。

  • なかなか面白い、本書の中の診断の結果、僕はジャックバウアー型らしい。うーん、土日のお守りが評価されてないぜ。

    ママの役割を二人で分担するのでなく、ママにはできない役割をこそパパが担当するのです。

    夫婦の価値観を無理にそろえる必要はありません。

    そして、カミさんの評価を上げるためには、掃除をチョイチョイやるか。その通りだと思うよ。

  • 自分の中でどの程度、育児ができているものなのか不安だったので短い時間でもできるのであれば参考になると思って読んだ。


    できるところもあったり心がけで納得する部分があったり勉強になった。

  • 仕事を効率化して、家族時間を捻出するとのは、危険な幻想。ますます、仕事が増える。
    サバイバル育児より、サステイナブル育児へ。

  • 育児は量でなく時間だということには、ハッとさせられた。
     子どもの頃に遊んだ方法(折り紙や新聞紙で遊ぶこと)をすっかり忘れていて、思い出して懐かしく思った。子供と遊んでみようと思った。

  • 合わん。。

  • ・ 子供が、「パパー!」っていつでも抱きついてきれくれるのなんて、小学校に上がるくらいまで。
    ・ 3分でもいいから育児してみよう。3分でもできることはある。家族との時間は量より質。3分でも濃密な時間を過ごせばそこから何かが変わる。
    ・ 仕事を早く終えてせっかく早く帰宅しても、そのパパが、携帯ばかりいじっていたり、ゲームばかりしていたりするようでは、いい時間を過ごした余韻は残りません。
    ・ パパが上の空で子供に接することで最も恐ろしいのは「自分はいつだって片手間で対応されちゃうんだ」という歪んだ自己認識を子供に植えつけることにもなりかねないこと。子どもと接するときは、いったん他のことは忘れて、子供との時間をエンジョイすることに集中しましょう。そうすることで、濃い時間になるし、「自分は大事にされている。自分は大切にされるべき存在だ」というポジティブな自己認識を子供に与えることができるようになる。
    ・ 「三つ子の魂百まで」は3歳までに十分に大事にされた子は、100歳になっても自分を大事にすることができる人になる、という意味だと思っている。
    ・ 日頃なかなか子供に会えないパパには、交換日記も有用。
    ・ お互いに言いたいことを言い合ったら、形式上は仲直りしておしまい。それでは何も状況が変わっていないように見えるかもしれないが、実はお互いの無意識の中で小さな変化が起きている。お互いに腹の中をさらけ出し、こういうポイントで怒ってたんだ、ということがわかれば、無意識のうちに、徐々に相手に配慮した行動パターンを示すようになる。
    ・ 1日3分間、ママの苦労に思いをはせましょう。
    ・ 妻にいろいろ言われたときは、「そういう言い方をされると僕だって傷つく」と自分を主語にして違和感を伝えるのがコツ。

  • 指摘事項については、思い当たる節がありすぎ。目指せ脱イタメン。
    提案事項はさっそく試していくか。絵日記は楽しそう。そのうちipadやiphoneでやりとりなんてのも有りかと。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

教育ジャーナリスト。1973年東京生まれ。麻布中学・高校卒業、東京外国語大学英米語学科中退、上智大学英語学科卒業。株式会社リクルートから独立後、数々の育児誌・教育誌の編集にかかわる。教育や育児の現場を丹念に取材し、斬新な切り口で考察する筆致に定評がある。心理カウンセラーの資格、中高の教員免許を持ち、私立小学校での教員経験もある。著書は『名門校とは何か?』(朝日新書)、『男子御三家』(中公新書ラクレ)、『ルポ塾歴社会』(幻冬舎新書)など約50冊。

忙しいビジネスマンのための3分間育児 (ディスカヴァー携書)のその他の作品

おおたとしまさの作品

ツイートする