自分の仕事をつくる旅

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.53
  • (15)
  • (38)
  • (21)
  • (7)
  • (7)
本棚登録 : 411
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799313244

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まず、読み終わって最初に思ったのは海外旅行に行きたい!と。

    自分自身が20代に思いもつかなかった、テーマを持ちながら企画そのものを自分で作成し企業に売り込み海外を旅行するといった発想。

    海外一人で大丈夫かといった恐怖、自分を信じられるかといった気持ちのコントロールが必要になってくるが、それを乗り越えた先にある新たな自分を想像すると楽しい。

    また、カウチサーフィンなど昔はなかった個人の宿泊サービスなど知れば知るほど色んな活用ツールがある。これもネットとパソコンがつなぐ新しい海外旅行の形態。本当に世の中がグローバル化しているのを感じる。

    俺も何か企画して海外旅行に行くための仕事を作ろうかな〜。

  • 海外に出たい、でもよくわからない。という大学生にオススメの一冊。大学生で友達と旅行に行き、楽しかったのにどこか違和感を感じた時に読んだ本。日本にもこんなにも世界へと出て行っている人がいるんだと感動した。ただの旅行ではなく、仕事や将来につながる仕事。言葉にすると真面目で研修みたいに聞こえてしまうかもしれないけれど、もっともっとわくわくする自分への最大の投資、自分を成長させるプロジェクト。必ず在学中に実行すると決意した。

  • 自分がしたい!と思っている旅のノウハウが詰まった本だった。
    レビューというよりかは自分の考えている事をメモメモ。

    南米を旅行していた時に出会った女性三人組の世界一周トラベラー。
    ずっと世界一周を夢見ていたけど、彼女たちを見ていて、
    私はこれがしたいわけじゃないんだよなぁ・・・と漠然と思ったことを
    思いだした。
    なんでだろうと考えた時、私はただ、「世界一周」がしたいのではなく、
    「社会(他社)に何かを働きかけながら世界一周」がしたいのだ
    と、答えが出た。

    この本を読んで考えた事は、では私はどういう形で旅がしたいのか
    ということ。
    旅のテーマは何か。旅の中で私がしたいのは・・・と考えて浮かんだのが、
    大学時代に思っていた次の内容だった。

    価値観の共有

    言葉=文化=生活様式と考えるので、旅した先の言葉や文化を
    教えてもらい、その国民のモノの見方や考え方を理解し、
    完璧にわかりあえなくてもいいから、しっかりとうけとめ、旅を通して
    どんな価値観の人に対しても温かく、大きくいられる自分になりたいと
    いうこと。
    相手をうけとめることができたら、世界はもっと楽しくなるし、争いも減る!
    そんな世界を創るために、まずは私から始めたい。
    そして、私がそうなることによって、日本に対してのイメージを
    ポジティブにとらえる人が増えてほしい。日本に興味を持って、
    日本の良い所が世界にたくさん広がるようにしたい。

    漠然だけど、私が旅をする根底にあるのはいつもこの気持ち。
    社会人になって、なかなか旅行自体に行けることが少なくなりだんだん
    自分が旅を好きでいる理由を意識しなくなってしまったなぁと感じた。
    この気持ちを思い出して、私の本当に大好きな、「テーマのある旅」を
    今後も続けていきたい。

  • テーマをもって旅をする。
    旅はプロジェクト。クラウドファンディングや企業のスポンサーを募る。旅をしたあとにアウトプットでお金を得る。
    発信力がつく。

    旅の中でしたいこと100リストから、テーマを作る。

    世界一周航空券よりLCC。
    クルマの乗り合いサービス=カープール。
    ブログよりワードプレスのウェブサイト。

    シムフリーのスマホを用意する。シムを現地で手に入れる。
    ノートパソコンを持っていく。
    ポータブルHDDに音楽や本を入れていく。

    英語で日本を紹介できるようにしておく。

    海外プログラム、mog「アジアの社会問題を解決しながら学べる学校」
    国際学生証を持っていく。

  • 旅の見方が変わりました!

    以前から旅行が好きで、年1回ペースで海外旅行へ行っていました。いつも、現地へ行ってから、現地で感じたままに行動をしていた。しかし、旅行から帰ってくると満足感が軽くて旅行の記憶がにじむような感覚があった。

    『自分の仕事をつくる旅』
    旅行の目的を自ら明確にする手法が書かれている。過去の旅行を糧に羽ばたいた人の考えやアドバイスなどが大変参考になりました。そして、背中を押してもらえたような気がします。
    本書で自分のためになると感じた3点を紹介します。

    1つめ、おもしろいテーマを持って旅をすること。
    2つめ、企画書を作り、応援者を増やすこと。
    3つめ、決断したことに対しては、根拠のない自信を持つこと。

    旅行へ出るまでのステップがわかりやすく書かれています!
    旅行に行く前に読むべき1冊。
    読むか読まないかで、旅行の後の自分が変わるはず!

    『自分の仕事をつくる旅』
    今すぐ読み始めよう!

  • 01. 旅の終わりから始める(仮定でもとりあえず決めるのが良い?)

    02. 旅のテーマを決める(他者視点、じぶんがやっていて楽しいこと、マイナーなこと、特性を活かせるもの、多くの人が興味のあること、誰かの役に立つこと)

    03. 企画書をつくる(Why, How, What is the result・・・PMBOK)

    04. 人に対して発表する(共感者を増やす、巻き込む)

    05. ネットメディアの準備をする(発信の土台作り、発信力を高める)

    06. メディア戦略を考える(ターゲット層を見極めてタイアップ)

    07. マネタイズする(例:クラウドファンディング)

    08. 行き先を決める

  • 世界の国々をテーマを持って旅をした方々の体験記とそのための準備等をまとめてある本。自分のいる世界がどれだけ狭いところなのか、仕事の悩みもなんてちっぽけなことをという気にさせられた。時々、飛び出すことも必要かな。本書で何人かに語られていたのだが、世界を見てから、日本を見ると、日本は各県ごと、国が違うみたいに違う。素晴らしいコンテンツがある。でも、現地の人はそれに気づいていない。発信しないからその土地のよさが他の土地の人に伝わっていない。なるほどなぁ。

  • ①共感した。
    ②自分がやるかは別にして
    ③今の生活も旅といえばそうなのかもしれない

  • 副題:グローバル時代を生き抜く「テーマのある旅」のススメ

    この本を紹介するには、この言葉につきますね。
    自分の経験を出し惜しみすることなく、すべてを伝えようとしている
    この本は3つのパート(章)から成り立っている
    理論ー記録ー方法

    plan-do-check-action
    けいかくーじっこうーけんしょうーつぎのきゃりあにいかす

    成瀬勇輝

    第1章
    The HUB
    http://www.impacthub.net/

    当事者意識



    第2章
    NOMADO PROJECT
    http://nomadp.com/

    本『未来を変える80人』

    01旅×途上国ビジネス(木村拓人)
    Granma Inc.
    http://granma.asia/jp/

    世界を変えるデザイン展
    http://sekai-design.org/
    https://freedom-univ.com/lecture-report/2017_0119-2/

    02旅×海外で働く日本人女性(濱田真里)
    なでしこVoice
    http://www.nadeshiko-voice.com/

    03旅×子ども×自転車(加藤功甫、田澤儀高)
    Connection of the children
    http://www.coc-i.org/

    04旅×FB(青木優)
    https://www.aokiu.com/

    05旅×世界の大学めぐり(金田隼人)
    国に依って当たり前の価値観が違うこと

    06旅×世界のキッチン(中村優)

    07旅×SAMURAI(太田英基)

    08旅×オーガニック(豊見未知洋、千鶴)
    エコビレッジ(アルゼンチン
    オーガニック農場(デンマーク

    09旅×サッカー(四方健太郎)
    開国ジャパンプロジェクト
    http://kaikoku-japan.net/

    10旅×ヒッピィコミュニティ(久志尚太郎)
    http://rainbow-tree.jp/

    11旅×世界の中の日本(長谷川浩史、梨紗)
    http://www.cool-boom.jp/
    http://kurashisa.co.jp/



    <旅の終わりからはじめる>
    やっていて楽しいこと
    まだ誰もやっていないこと
    自分の特性を活かせるもの
    多くの人が興味のあること
    誰かの役に立つこと

    企画書の作成
    PMBOK  https://www.pmi.org/
    日本支部 https://www.pmi-japan.org/

    企画概要(バックグラウンド
    目的(ビジョン
    目標(結果への数字
    スコープ(どのように、何をするのか
    スケジュール
    前提条件
    予算
    協力ー仲間

    *プロジェクトの目的と範囲
    時間、コスト、品質、人的資産、コミュニケーション、リスク、調達、統合管理

    本)『Webプロジェクトマネジメント標準PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す』

    旅の中でしたいこと100リストの作成

    カウチサーフィン
    https://www.couchsurfing.com/

    エアビーアンドビー
    https://www.airbnb.jp/

  • 自分でも世界一周を企画したくなる!
    っていうか一つ作りました(笑)
    いろんな人のエピソードが書かれていてとても具体的!
    企画書のフォーマットや必要な荷物も載っているからこれさえあれば自分で全部できる!

全31件中 1 - 10件を表示

成瀬勇輝の作品

自分の仕事をつくる旅を本棚に登録しているひと

ツイートする