学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
4.07
  • (18)
  • (29)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799315644

作品紹介・あらすじ

学生時代は面倒だった勉強も、社会人になるとその価値がわかるもの。古今東西の名言とともに、「学ぶことの意味」を今こそ考えよう!
15万部突破の『働く理由』、5万部突破の『続・働く理由』に続く、20万部突破のベストセラーシリーズ最新刊。

○良書を読むことは、その著者である過去の時代のもっとも優れた人たちと会話を交わすようなものである。
――デカルト(思想家)
◯解るということは、それによって自分が変わるということでしょう。
――上原専禄(歴史学者)
◯学べば学ぶほど、私はなにも知らないことがわかる。自分が無知であると知れば知るほど、私はより一層学びたくなる。
――アインシュタイン(理論物理学者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常に面白く読ませていただきました。
    学び続ける理由として、最初に内田樹氏を引用した所が非常に印象的でした。
    私も以前に氏のブログで見た内容だったからです。

    引用すると、

    「学びの始点においては自分が何をしたいのか、何になりたいのかはわからない。
    学んだあとに、事後的・回顧的にしか自分がしたことの意味はわからない。それが成長するということなんです。」

    今の大学生、科目を選択する際の資料として、詳細なシラバスというものがある。
    シラバスは、科目ごと(一般教養、専門教科)で学ぶ内容が書かれている案内書のことである。
    これを見て、学生は選択科目を選び、また、教える教官は、そのシラバスに沿って、
    講義・授業を行う。最近は、ご丁寧に、どういう知識が得られるのか、授業のポイントは、
    どこかまで、記してある。まさに、至れり尽くせりである。

    内田氏は、確か、このやり方に反対していたような気がする。私も、手放しに良いとは思わない。
    確かに、教える内容を予め開示することは、サービスを提供するという意味では良いかもしれない。
    しかし、教える側と、学生側とが、需給関係で結ばれるような、一種、生産者と消費者のような関係では、
    学生側の学びたいと思うスイッチは、なかなか発動しないと思う。

    「これを学んで、何の役に立つですか」という質問の中に、
    もう既に、学習の放棄の萌芽が含まれていると思う。何の役に立つかは、
    他人に質問することではなく、自分に問いかける問題である。
    大学時代に、ワクワクするような知やテーマに出会った人や、
    未知なる知を知りたいと強烈に思った人間は、ずっと学び続ける。
    しかし学習時間に限っていえば、日本の大学生は、世界最低水準である。

    日本の大学生は、先進諸国の大学生と比べて、学習時間が著しく低い。
    大学経営政策研究センターの調査では、1日で学習する時間は、
    日本では8割以上の学生が1時間未満(半分が、ほとんど学習しない)に対して、
    アメリカの学生は、平均で2,3時間を学習時間にあてる。
    大学4年間では、3000時間以上の差になる。これは、日本人の学生の問題というより、
    日本社会が抱える構造的問題だと思う。

    バイトやサークルが一種の学びの場となったり、生活費のため等であることは、
    否定しないが、この期間に集中的に学習時間を確保しなければ、
    それ以降、集中的に確保できる時間を作ることは非常に難しい。
    社会人だったら、誰でも知っていることで、
    やはり、多くが、大学時代に勉強すれば良かったと後悔する。

    学び続ける必要がない、もしくは、放棄したと思われる大学生が、
    過半数を超えているのは(学習時間を考慮して)、世界的に見ても珍しいというか、
    日本ぐらいである。学習時間だけを指標とするのは、どうかという意見があるが、
    どのみち何かの技術や能力、知識で生きていくには、それらを身につけるまでに、
    主体的に学習しないといけない。決して、誰かがご丁寧に教えてなんてくれない。
    どこかの組織に属していればよいとか、
    何かの資格があれば、喰いっぱぐれないとか、
    そんなものは、過去の遺物となった。

    この本では、大学教授から作家、野球監督まで、
    幅広い指揮者の学びに関する格言をまとめている。
    どういう態度で学べいいのか、学習を継続、
    発展していく上で非常に参考になる話しが多い。

  • 様々な視点から、学び続ける理由に関して考察がされている。
    中でも気に入った箇所は、第5章「読書の3つの機能』に関する部分だ。その中で気に入った言葉を1つ記載する。
    「100冊の本を読むことは、100人分の豊かな人生経験と知識を自分にインストールするのと同じと言っても良い」という言葉だ。自身の経験というものは、限られている。しかし、読書をすることによって、時代や国を超え、多くの経験や価値観に出会える。改めて読書の楽しさにも気づけた。

  • 学びに関する著名人の名言を紹介し、「学ぶとは何か」を紐解いていく。

    ・学ぶに暇あらずと謂う者は、暇ありと雖も亦能わざるなり
     -りょうあん
     P.45
     
     勉強する時間がないと言う人は、たとえ時間があったとしても絶対に勉強なんかしないものだ

    ・「余りを足す」という方法だ
     P.51

    ・学べば学ぶほど、私は何も知らないことがわかる。
     自分が無知であると知れば知るほど、私はより一層学びたくなる。
     -アインシュタイン
     P.85

    ・(読書とは)受け身ではあり得ない。むしろ能動的で積極的な精神の営みであり、
     生きる意志の反映だとさえいえるのである
     P.100

    ・本棚がない部屋は寂しい。「本なんて読まない」という人とは話が続かない。
     ついでに言うと「本も読まない、映画も観ない」という人とは話にならない。
     P.131

    ・世界を知覚することは同時に自分自身を知覚すること、世界を表現することは同時に自分を表現すること、
     世界を意味づけることは同時に自分自身を意味づけることになる。
     P.146

    ・短文を心がけるだけで、悪文の8割は退治できる。
     P.161

    ・教えることは二度学ぶことである。
     P.198

  •  わたしは自分が無知で矮小な存在であることをよくわかっている。だからこそ、「学び」の大切さをよく知っているつもりだ。「理論武装」して自分を強く大きく見せたいのである。
     よって前半は頷けることばかり。次の仕事のステージに向けて何を学ぼうかと考えている折だっただけに、学習への意欲が高まった。
     読書はしてないと落ち着かないほど、まさに「習慣」となって久しいが、何をどう読むかについてあんまり深く考えてこなかったことを反省。濫読する、ベストセラーではなくロングセラーを選ぶ、むずかしいと感じるくらいの本を選ぶ、重要な箇所は書き写しておく。今生業にしようとしている「書く」ということをもっと磨いていくために、せっかく習慣となった読書をもっと有意味なものにしていきたいと再確認した。ここでレビューを書くのもいいけど、まとまった文章を書いてみようかな。

  • この本を読む前に、齊藤孝先生の大人のための読書の全技術というのを読みました。書き方は違うけど、噛み砕くと大体同じようなことを言っている。
    要するに、人間いつまでも勉強し続けないといけないということです。そのためには本を読むのが手っ取り早い。数で言うならば1000冊。自分の興味のないものにも手をつけてみる。意外なものに興味を持つかもしれない。そうやって自分の幅を広げる。とりあえず今はなんでも手当たり次第に読む段階です。
    引用されていたアインシュタインの言葉に興味深いものがありました。
    学べば学ぶほど、私はなにも知らないことがわかる。自分が無知であると知れば知るほど、私はより一層学びたくなる。

  • 良い言葉が多すぎて、引用だらけになってしまった。
    あまりこういうことは思わないのだが、大学生のとき、高校生のとき、中学生のときにこの本に出会っていたらとつい思ってしまった。
    もし自分に子供ができたら、ぜひ読んで欲しいなぁ。

  • 再読。刺さった箇所は、「学び続けていかないと食べていけなくなる」、「君には無限の可能性がある。…と『君には有限の資源しか与えられていない』…は同時に告げられなければならない」、「残りの時間で自分は何をしたいのか」。私はもう折り返し地点を過ぎた年齢であり、残された時間は短いことに思いを巡らせました。自分の出来ること、生きていくために必要なスキルアップはこの残された時間にしかできないので、何を軸に生きていくのか、真剣に考える一助となりました。

  • 易しく読みやすい。
    特にハッとなる部分はないが、家に1冊あってもいいかな。
    学ぶモチベーションにはなる。

  • 【動機・目的】
    ●戸田先生の著作は大好きで、出ている本は全て読みたいと思っていた。
    ●“自分の知らないこと、興味があること”を新に知ったりすることに幸せを感じるので、改めて「学ぶとは?」をいうことを再確認しておきたかった。

    【課題】
    ●「教養」を身につける。

    【まとめ・感想】
    ●「学び続ける理由」、それは<なりたい自分>と<なれる自分>を広げることで、自分の可能性を広げることと解釈できた。
    ●「読書」はインプットの基本形であり、同時に書く力も高めてくれる。この「読書」をする上で必要なのは、「良文」に触れることと、「量」を読むことである。

  • 【由来】
    ・家人が借りていた

    【期待したもの】


    【要約】


    【ノート】
    ・10分ほどでサラリと読んでみたが意外な良本。硬軟入り混じって様々な言葉、一節を紹介している。北野武から松岡正剛、加藤典洋からドラッカー、ヤスパースまで。「本を読む本」も出てくるしエリック・ホッファーも。

    【目次】

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター&キャリアカウンセラー。1960年愛知県生まれ。北海道大学工学部、法政大学社会学部卒業。著書に『50歳からの海外ボランティア』(双葉社)、『妻が夫に書かせる遺言状』(主婦の友社)、『海外リタイア生活術』(平凡社新書)、『元気なNPOの育て方』『狙われる日本人』(NHK生活人新書)、『職在亜細亜 職はアジアにあり!』(実業之日本社)などがある。

「2007年 『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。のその他の作品

戸田智弘の作品

学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。を本棚に登録しているひと

ツイートする