2人から100人でもできる! 15分でチームワークを高めるゲーム39

  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.23
  • (3)
  • (8)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 304
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799316580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 組織で何かを進めていく際の考え方や意思統一の仕方について参考になった。

  • 1週間程度通勤時にちびちび読んでいたが、3週間程度間が空いて、全体の半分を読破。

    chap1,2は長いけど心得的に大事な部分なので必ず最初にちゃんと読んだ方がよい。ゲームの振り返りが最重要なこと、目的に合ったゲームをすることが強調されていた。

    chap3以降は目的別のゲームが列挙されている。読み方としては、タイトルと目的を見て面白そうなのをピックアップするのがよい(個々のゲームの詳細を読んでいると結構進まないので)。なお洋書翻訳ゆえ、シャイな日本人にはハードルが高いものも多いので選定する必要はあると思った。

  • 所在:展示架
    請求記号:336.3.Mi27
    資料ID:11900491
    会社や学校といった研修や教育現場で使えそうな内容だった。すぐにでもできる簡単なゲームが多く、丁寧にやり方が書かれているので非常に理解しやすい本だと思います

  • 類書とは異なり,大人やビジネスマン向け。実践前の準備,ゲームの紹介の2部構成。

  • これからチームが始動するとき、メンバー間で互いをもっと知り合いたいとき、チームのクリエイティビティを高めたいときに役立つミニゲームがたくさん載っています。
    学校などでも役立ちそうです。
    研修では、アイスブレークにも使えそうです。
    「初対面のメンバーが親しくなるゲーム」「チームが盛り上がって活性化するゲーム」「チームに交渉力・創造力がつくゲーム」「変化に負けないチームをつくるゲーム」の4カテゴリーに分けて、39種類のゲームが紹介されています。
    使い方によっては、チームビルディングでも有効そうです。

  • ①アイスブレイク的には良いかも
    ②ただ、あまり発展性を感じなかった。
    ③持ちネタとして持っておくと良い

    なんか2回目にしてハマった。多分、こういうの今求めてるんだろうなと。

  • 実際に使えると思えたのは半分くらいかなと思ったが、まとめ方や整理の仕方はわかりやすくて良いと思った。

  • 実際の職場で使えそうなトピックが多い、と思う。

  • アイスブレイクのゲームがたくさん載っている本。
    そこまで大きな驚きはなく、確かにそうだよね、という内容だった。
    ネットにまとまっていそうなレベル。

  • アイスブレイクのアイデアに♪
    と期待して読んでみる!

    も、こんなもんか~というのが正直な反応。
    しかしながら、これは自分がいかに面白いworkshopを体験することに恵まれて来たかだなぁ~

    あまりworkshopに触れていない人には、
    こんなのもあるのね!という発見に溢れている。
    そして体験を数多く踏んできている人でも、
    数点の気づきを読む中で見つけられるハズ。

    な~んだ。という反応をしてしまう、
    そんな大人がこの世に増えていったらいいな~

全11件中 1 - 10件を表示

ブライアン・コール・ミラーの作品

2人から100人でもできる! 15分でチームワークを高めるゲーム39を本棚に登録しているひと

ツイートする
×