人望が集まる人の考え方

  • 265人登録
  • 4.03評価
    • (20)
    • (28)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 28レビュー
制作 : 弓場 隆 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799318690

人望が集まる人の考え方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • その通りだなと思う内容だった。
    自分が必死になって守ろうとしていたものに
    一時的に湧き上がってくる感情に身を任せずに
    相手を尊重しようと改めて思った。
    本書で学んだのは相手の自尊心を尊重する。決して傷つけない。ということである。

    メモ)
    人間の習性に関する基本的な法則
    人間は知恵を求められなければ、体力を100%発揮することが心理的にできない。
    ⇒人にはアドバイスを求める

  • 普段は敵対する関係であっても、助けを求める態度で接すると、人が協力的になるのは、自尊心が満たされるから、ということに気づくことができた。
    関わる人全員の長所を言葉で書き下そう、そして伝えようと思った。

    人間関係の極意とは、お互いの自尊心を満たすようなやり方で相手と関わることだ。これこそが人と関わって本当の成功と幸福を手に入れる唯一の方法である。

  • コミュニケーションで大事なこと全て!

  • 「すべてのセールスマンは見込み客の要望を見極める能力を持っている。相手の言うことに耳を傾ければいいからだ。そうすれば、相手はそれを教えてくれる。問題は、相手の話をさえぎって自分の意見を言ってしまうことだ」

  • これは本当にいい本だった。今の自分にフィットしてたのか、自分の言動を振り返ることができました。

  • 最初は怪しい自己啓発本だと思ったが、基本的な人間心理が記載されており、評価が高いのにも納得。「すべての人は自分が重要な存在だと感じたがっているだけではなく、自分の重要性を他人に認めてほしいと思っている。すべての人は自分の価値を確認するのを他人に手伝ってほしいのだ。」

  • 非常にシンプルでわかりやすい内容。読んだその直後から実践できる。
    読みながらも、今までの出来事を思い返して腑に落ちることがたくさん。「貴方には人を承認する力がある」という内容には、当たり前なのに考えてもみなかったから驚いたと共に、少し自信を貰えた。
    一方で読んだ時の心理状況が悪かったのだろう。こんなに相手を認める、いい関係を作る術を学びながら、何故一方で私は誰かに承認して貰えないのか、自身の承認欲求とはどう付き合えばいいのかと悩んでしまった。
    それは後日の読書に対応してもらうとして、何度も何度も読み返そうと思う内容。何か上手くいかないなと思った時は読み返し、今後何十年かけてお付き合いしていきたい一冊。

  • 人の自尊心を中心軸に置き、それを元に様々な助言や示唆を与えてくれる本。読み終えてふと、職場の人望の暑い人のことを思うと、その人は自然と本に書いてあることをしている人で非常に説得力が増した。

  • 自分の欲しいものを人から引き出すには、相手の欲しいものを与えよう。という基本的なことが書かれている。読んでいて若干退屈だった。

  • 要求ではなく依頼をする、もっとやりたいと動機を与える。人にうまく働きかけるようにしたい。

    仕事で走りきった後に読んだ。当たり前にできていたことが、ハイプレッシャー状態でできていたか振り返ることができた。

全28件中 1 - 10件を表示

レス・ギブリンの作品

人望が集まる人の考え方を本棚に登録しているひと

ツイートする