いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

  • 376人登録
  • 3.66評価
    • (6)
    • (53)
    • (34)
    • (2)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 大塚雄介
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799320150

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仮想通貨投資を始めたのを機に購入。だいたい一日で読了しました。

    ビットコインとブロックチェーン、そしてコインチェック入門の一冊です。コインチェックユーザーならもちろん必読書ですが、入門書としても簡にして用を得ているのでオススメ出来ます。

    オススメ出来ますがやはりわからないところはわからないです。むずかしい。

    仮想通貨の技術的な仕組みを理解すること自体、高度な技術的知識を要求します。3章、4章あたりは最初は「ふーん」くらいで斜め読みしても構わないとも思いました。ただ、本格的に投資・運用していく上では必須中の必須の知識なのは間違いありません。
    今年3月出版ですがもう古くなっている情報が沢山あります。出版時には未確定だった情報がかなりの部分確定しつつあります。これで分かったと満足せず、常に最新の情報を仕入れ続ける必要があるでしょう。勿論、私のような初心者が最新情報を読み解く上で欠かせない土台となる知識はこの本で十分得られます。

  • ビットコインに投資してみようというわけではなく、ブロックチェーンとその応用について知りたいという興味があって、手軽そうな本書を読んでみた。2017年以降改正資金決済法の改正により、法律がある程度整備されたので、ビットコインはじめ仮想通貨の取引が活発になったということもわかった。ビットコイン取引所のビットポイントの方が書いた本だが、コインチェック含めて他の取引所のことも紹介している。

    この本の中でもコインチェックで問題を起こした「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の概念がメリデメとともに紹介されている。こんな本にも紹介されるほど常識的な話だったんだなと。

    とりあえず概要はわかった(気がする)。

  • あのコインチェックの大塚雄介さんが書いた本!取引所の安全性について書かれていてなんとも残念な気持ちになるが、ネムについては触れてないし、過去に遡って責めるのはいかがなものかと思うので、減点評価はしない。
    内容はすごくわかりやすい。イーサの分裂やオーガーについて学べて良かった。

  • 時事ネタ過ぎてなんともいえないけどわかりやすかった

  • これまで無関係だと思っていたビットコインだったが、クレジットカードや電子マネーと同等の金銭ツールになってきていることがわかった。
    ただマニアが相互で管理していること、レートの上下が従来の金融市場とは異なっていることが、どこまで信頼できる通貨なのかと心配になった。

  • 話題の!勉強になるので興味ある方は読んでほしい!

  • 自宅ソファーで読了。
    凄くわかりやすかった。

  •  ビットコイン。
    今や話題の仮想通貨。
    その成り立ちや仕組みを解説してくれる1冊。

    個人的には、まだまだ不安定な通貨やその技術だが。
    これからの世界を作っていく一つの可能性。
    その内容がわかりやすく記載されていてよかった。

    もう少し欲をいえば、同じ情報量でページ数半分くらいでもいけるのではないかなとも思う。

  • 所在:展示架
    請求番号:338-O88
    資料ID:11701301
    おすすめポイント:今熱い仮想通貨の本。
    選書担当者:山下大悟

  • ビットコインとブロックチェーンについてわかりやすい解説。

全44件中 1 - 10件を表示

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンのその他の作品

大塚雄介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンを本棚に登録しているひと

ツイートする