悩める日本人 「人生案内」に見る現代社会の姿 (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799321638

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本の社会学者として、この人ほど活躍している人は、珍しだろう。20年近く前に、著者の『希望格差社会』を手に取った衝撃を今でも忘れられない。

    日本は、その本で指摘された以上の希望格差社会になってしまっている。もちろんどの時代にも特有の悩みがあるだろうが、人生相談として提起される問題も、今の少なくない日本人が八方塞がりであることがよくわかる。

    著者は社会学者としての立ち位置を常に模索している。著者は、おそらく現実の社会現象をフレーズ化する天才だと思う。それは、データ分析の実力の高さもさることながら、類稀な言語センスを持っていると思う。

    人生相談もそうだが、本人自身は、問題点を十分わかっていると思う。しかし、実際は、そうではないケースが沢山ある。相談に寄せられた内容から、背景となる客観的事実を推測するの、よほど知性がないとできない。ただ著者は、学者としての権威性を十分に理解しているので、どこまでサジェッションすべきか、悩んでいることを、この本では、告白している。誠実な人柄がよくわかる。
    良い人生相談本だと思います。

  • 僕も割と「人生相談」の欄を読むのが好きなので、この本は楽しめましたね! 昔と比べてだんだんと相談内容が変わってきている…と著者は指摘しておりますね。いつまでも自立しない息子、結婚しない娘……等々…独身が増加している現代の日本の姿が見えてくるような気がします。

    自分らの頃は結婚するのが当たり前だったのに…とぼやいても仕方がありません! けれども、高齢の娘or息子だって決して一生独りのままでいいとは思ってはいないと思うんですよねぇ…どうなんでしょ?

    昔と比べて結婚のお節介焼きみたいな人が居なくなったのがキツイですよね。恋愛に不得手な人にとっては現代はさぞかし結婚しにくい世の中と言えましょう…さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 昔から、多くの人は悩んでいてしかも人それぞれに悩みは違います。

    しかし、大きな流れとして昔の日本人は世間の常識というモデルから外れていることを悩み、今はモデルすら無くなりつつありどうしていいか分からなくて悩んでいます。

    個性の時代と言われながら、個を確立する具体的な方法も教えられずに大人になってしまったのかもしれません。

    著者は、読売新聞の人生相談の回答者として社会学者として社会のパラダイムを見ながら、一方で具体的なアドバイスをするにはどうすればよいか、悩みながら考えています。回答に至るまでの考え方を知り、回答そのものよりも悩みに対する対応のヒントを得た気がします。

    一般紙の人生相談なんて当たり障りのない常識的な回答しかしないだろうと、これまで殆ど読んだ事が無かったので、今度読んでみようと思いました。

  • 著者が社会学者と相談に対する回答者としての2つの立場の間で葛藤していたことがわかった。
    現代は、価値観が多様化した影響で、ロールモデルなき時代になっている。新聞紙上に寄せられたいくつもの相談から、このことがよくわかる。
    自身も枠からはみ出た人間として、誰かのロールモデルになれればと思う。

  • 新聞の人生相談の裏事情を知れて面白かった。

  • 世間体という名のモンスター、でかいです。
    制度はなかなか変わらない。意識も変わらない。
    変えていこうとしない限り。
    もっと楽になりたいねえ…

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

山田 昌弘(ヤマダ マサヒロ)

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。
1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。コピーライターとしても定評がある。
NPO全国地域結婚支援センター理事

【著書】
『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『新平等社会』『ここがおかしい日本の社会保障』(ともに文藝春秋)、『迷走する家族』(有斐閣)、『「家族」難民』(朝日新聞出版)などがある。

【公職】
•内閣府 男女共同参画会議・民間議員
•文部科学省 子どもの徳育に関する懇談会・委員
•社会生産性本部 ワーク・ライフ・バランス推進会議・委員
•厚生省 人口問題審議会・専門委員
•経済企画庁 国民生活審議会・特別委員
•参議院 調査室・客員研究員
•東京都 青少年協議会・委員
•同 児童福祉審議会・委員
•内閣府 国民生活審議会・委員
などを歴任。

「2016年 『結婚クライシス 中流転落不安』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田昌弘の作品

ツイートする
×