「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

著者 : Marie
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017年10月13日発売)
3.59
  • (8)
  • (18)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
  • 309人登録
  • 17レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799321812

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バレットジャーナルと呼ばれる、手帳術を紹介している。
    スケジュール管理、Todo管理、ライフログを組み合わせたようなもので、自由度が高い・・・らしい。
    本書はとてもシンプルできれいにまとめられていて、わかりやすく、そもそもあまり色で区別していないのであっているのではないか?、自分もやってみたいと思いながら読む事が出来た。

    現在ほぼ日手帳(カズン)を使用しているが、このバレットジャーナルを使ってスケジュールやTodoを管理できたらいいかなと思った。

  • 去年か一昨年にインスタでバレットジャーナルが流行り始めた頃。私のバレットジャーナルの印象は、デコデコしたものばかりだったので、自作手帳が流行ってんのかなー?毎月作るの?そんな時間ないし、私は面倒で無理だわ。と興味が持てませんでした。
    けどYouTubeでバレットジャーナルを発明した方の動画を見て、本当はとてもシンプルなのだと知り、この本も出た事を知り購入しました。

    本書もシンプルな作り方を教えて下さって、有難く嬉しかったです。
    基本だけではなく、よく陥りそうな所をカバーしてくれるアイディアもあり、これから作る私には助けになるだろうなと思いました。
    読みやすく簡潔で、欲しい情報がたくさん乗ってて良い本でした。このテの本によくある作者の自分語りも少なく、欲しい情報だけが書いてあるのも良かったです!

    巻末の使い方例は、いろんなパターンのバレットジャーナルが見れてよかったです。私はお洒落に彩るのではなく、道具としてのバレットジャーナルが見たかったので嬉しかったです。自分の生活で必要に応じたものを、自分なりに作り上げている姿が見えてとても良かったです。

    私はタスクは書き出す癖があるものの、予定の振り分けが下手でライフログ化してる手帳に困っています。それと何でもノートを常に持っています。その何でもノートにバレットジャーナル要素を付け加えようと思いました。( ´∀`)タスク管理して、上手く事が運ぶようにしてきます。

  •  私自身いろいろな手帳を試してきましたが、一番気になるのは、その日によって書く量が違うということではないでしょうか。バーチカル式は時間で区切るのに便利ですが、1日のスペースが大きいため、空白の多い一週間などは、何とももったいない気分になります。逆に月間タイプは書き込める情報量が少なすぎて、日によっては書きたいことも我慢することがあるくらいです。そんな悩みを解決してくれるのが、このバレットジャーナルかも知れません。

     バレットというのは、箇条書きの先頭につける「・」のことだそうです。この先頭の記号にルールを決めることで、ただの箇条書きが優れたToDoリストになります。例えば、・はタスク、終われば×、先送りするときは>、スケジューリングが完了したら<といった具合です。最初は「・」で書かれるわけですが、×や>、<で・を上書きするように書けば、最初に書いた・を消す必要もありません。なかなかシンプルですが、優れたアイディアです。

     あとは、お気に入りのノートに、日付を記入しながら箇条書きでメモをしていくだけです。タスクが多い日は1日分が大きくなりますし、タスクが少ない日は1日分が小さくなります。とここまでの説明で、ノートが効率よく使えるのは分かっていただけると思いますが、では、これで本当に手帳代わりになるのでしょうか。日々の仕事を確実に遂行することができるのでしょうか。

     それは、この本を読むと分かります。スマホなどのデジタル手帳との連携や、タスク処理のポイントなどが詳しく解説されています。手帳のフォーマットがしっくりこないという人には、一読の価値がある一冊ではないでしょうか。

  • 手帳やToDoリストなどを使って「やるべきこと」を把握しているはずなのに、何故か上手くいかない・・・。
    「やること」と「やりたいこと」が混在していて、キチンと管理できない・・・。
    という方にオススメのタスク(課題)管理の方法 ─── バレットジャーナルのやり方を、とても分かりやすく解説した1冊です。

    バレットジャーナルと聞くと、自分が使いやすいようにノートに罫線を引いてフォーマットを作るところから始まるものをイメージする方もいると思いますが、「箇条書き手帳」とタイトルにある通り、ノートに「やること」と「やりたいこと」を箇条書きにして、その先頭に記号をつけて仕分けていくという、とてもシンプルな手帳術だと分かりますし、バレットジャーナルに対してとても敷居が低く感じます。

    著者自身が実際に使っているノートの写真や、バレットジャーナルを取り入れているユーザーさんへの使用例付きインタビューもあり、とても参考になります。

    また、カラフルなページにせず、強調したいところは目に優しいグリーンのマーカーで線を引いたような感じにしているため、とても読みやすいです

  • 30分程で集中して読めました。
    手帳やノートが好きだけど使いこなせていなかったり、悩んだりしている方にオススメです。
    著者はロイヒトトゥルムを使われていますが
    お手持ちの手帳やノートにも充分使える内容です。
    著者以外にもバレットジャーナルを使っている方のノートなども掲載されているのでとても参考になると思います。
    再読して取り入れたい事がいろいろありました。

  • 少し前から気になっていたので、読んでみた。
    単純明快な手帳術。
    自分自身もう何度もタスク管理や日記は挫折してきた。でもこういうのが好きらしいw
    いろいろコレクション増やしたくなるけど、まずは基本からやってみたい。

  • 話題のバレットジャーナルの本。紹介サイト記事などでいろいろ見ていたけれど、やはりまとまった情報をいつでも簡単に見たい時は書籍が一番です。
    ハードルが低いようで高いようでやっぱり低いのかもしれないバレットジャーナルを「やってみようかな」と思わせてくれる一冊。既成の手帳が使いこなせない人にこそ、というのが魅力ですね。

  • 英会話の先生に勧められてはじめたバレットジャーナル。作り方の基本が書かれている本で、すでにネットでも得られる情報ですが、系統だって説明されているので便利でした。今では、私のバレットジャーナルは変形し、A41枚に圧縮されましたが。

  • パレットジャーナルという、箇条書きでメモするやり方。本書で紹介されている例も含めて、皆さん工夫している。

  • 特に目からウロコの教えはないかな。
    ほぼ日手帳の空白の日にちに耐えられないけど
    手書きで色々管理したい人にオススメのノートの使い方紹介。

    参考例が巻末に載っていたのは嬉しいけど、
    この例たちがキレイでしっかり書き込まれているから
    個人的には参考になるというよりはプレッシャーになってしまってはじめる障壁になります。

全17件中 1 - 10件を表示

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルのその他の作品

Marieの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルはこんな本です

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルを本棚に登録しているひと

ツイートする