ものの見方が変わる 座右の寓話

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.66
  • (12)
  • (34)
  • (29)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 497
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799322048

作品紹介・あらすじ

古今東西語り継がれる人生の教え77。「北風と太陽」「キツネとブドウ」「人間万事塞翁が馬」…イソップ物語から中国古典まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一度読んだだけでは覚え切れないことがたくさんありますが、だからこそもう一度読んでみたいと思える本だと思いました。
    この中の一つに、私が目標に向かって勉強をしている際に、まさに言われたフレーズがありました。
    結果として自分の糧となり、目標を達成することができたので、今でもとても好きなフレーズです。

  • 抽象化されているのと、著者の解釈は一例であり、本書の目的は、読み手に「この寓話の解釈をしてみろ」と問いかけて、考えさせている点がとても良い。一話づつ、本を閉じて考える時間を求めてくる。現代の即効性を求める書籍と似ているようで、真逆の立ち位置にある。ラノベみたいな感覚の、ライトな哲学書。ライトだけど、考察まで読んで考えるとヘヴィー。良い本だと思いました。

  • 世界各地の77の寓話が紹介されている。
    知らない寓話ばかりで、読み物として単純に楽しめる。
    著者の見解も踏まえると、改めて気づかされることも多く、読み応えはあった。

  • 奥の深い、寓話が数多く紹介されている。説話に役に立つ。

  • 「話のネタ」になる!と思い早速、購入しました。
    何度か集会や後輩のアドバイスに使わせてもらいました。これからも事あるごとに使わせて頂きます。
    まさに「座右の寓話」良い本をありがとうございます。

  • 77の寓話から、今を生きるためのヒントとなる数多くの示唆を得ることができる。
    かなりの数があるので、話のネタとするもよし、仕事や人生に行き詰まった時の辞書的に用いるのもよし、自身の進むべき道標となり得る本。
    ものの考え方や捉え方を少し意識して変えるだけで、より良い人生が待っている。

  • ■感想
    示唆トレーニングとして読みました。寓話を読み、それがどんな教訓か言葉にした上でチェックしてました。

    ■要諦
    ・問題に対する見方を変えてみる ある問題に遭遇した時、二つの対処方法がある。一つは原因追求思考、二つめは解決探索思考である。
    ・悪意のない適切な嘘は知性の表れであり、心の健康を保つのに役立つ。
    ・もっともっとの落とし穴 欲望と欲求。欲求は生理的。欲望は身体的ではないので歯止めが効かない。節度ということ。
    ・幸運を取り逃がすケース3つ 1 幸運だと気付かない、2 ぐずぐずして置いていかれる、3 勇気が欠如しているケース
    ・願望ではなく、意志をもとう 目標が簡単に叶うのは地獄。内的目標を主、外的目標を従とする。浅田真央、トリプルアクセルに一言。なんでもっと簡単に飛ばせてくれないのか。願望は知も力もないままに欲することであり、努力に結びつかず、非活動的である。過去や未来に関するもの。一方、意志は知っていること、できそうなことへの欲望。活動的で、生産的。
    ・緩やかさと記憶、速さと忘却には、緩やかな関係がある。思い出そうとする時、ゆっくり歩く。
    ・今日が人生最後か、と思って生きて、質を上げる。
    ・孔子 死の意味を理屈で知ることはできない。理屈でそこから逃げるのでなく、正面からぶつかって心情に素直になる。
    ・愚痴より負け惜しみの方がマシ。逃した魚は大きいと、言うより、逃した魚は食べ頃ではなかったと言うということ。
    ・なるようになるは、「なすことをなせ、そうすればなるようになる」 

  • とてもためになる感
    皆さんが書いてるように、いつでも手元に置いて、読んでていたい。いろいろ参考になっているが
    例えば
    後悔は過去をかえようとすること
    反省とは、未来をかえようとすること
    過去の出来事を客観的に振り返り、そこから教訓を得て、より良い未来を作っていくことだけだ

  • 沢山あって忘れてしまうので定期的に読みたい。

    ◆北風と太陽
     強制ではなく納得

  • 定期的に読み返したい本。
    話のネタにも使える。
    特に、今の自分には以下の寓話が響いた。
    ・吊るされた愚か者
    ・カエルの登山

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター&キャリアカウンセラー。1960年愛知県生まれ。北海道大学工学部、法政大学社会学部卒業。著書に『50歳からの海外ボランティア』(双葉社)、『妻が夫に書かせる遺言状』(主婦の友社)、『海外リタイア生活術』(平凡社新書)、『元気なNPOの育て方』『狙われる日本人』(NHK生活人新書)、『職在亜細亜 職はアジアにあり!』(実業之日本社)などがある。

「2007年 『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

戸田智弘の作品

ものの見方が変わる 座右の寓話を本棚に登録しているひと

ツイートする
×