時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.55
  • (4)
  • (5)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799322116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マーケッターをやっている以上、未来を読むことが大事。
    仕事のヒントにならないかと読んでみた1冊。

    が、内容は想像と違った。
    というより想像よりもっと抽象的で大きなことを書いていた。
    筆者は、未来を予測するにはパターンを掴めと、そして大きなパターンを9個示す。
    非常に面白い、内容であった。

    筆者はともすれば資本主義社会の次の社会も予想する。
    貨幣から解き放たれた、国(政府)ではなく、企業が生活を担保する社会だ。

    私たちは遅かれ早かれ、そういった社会に移動していくのかもしれない。

  • 人類の進歩は一定の法則というか、ある方向性に向かっている。
    人間の能力を拡張し、より豊かにそして便利に生きることができるようにするということである。
    そういった目線で考えれば、コンピュータの誕生に至るまでのテクノロジーの発展は必然と考えることもできる。私は、いつも目先のことばかりにとらわれて、長期視点で考えることができていないのだなと思う。
    リスクという言葉にとらわれ過ぎてしまったり、他人の評価を気にしてしまったりするのは、長期的視点で世の中を眺めることができていないからだと思う。
    国家ですらそうなのかもしれない。地球規模の視点を持ち、環境問題や今後の人間の生き方という大きなテーマに取り組むことができれば、現代人の生活のありようはかなり変わるのではないか。
    大きな権力を持つのは国家だが、個人の呼びかけがインターネットを介して、世界中に広まり、ムーブメントを巻き起こす時代になっている。
    AIやロボットの発展によって、働かなくても豊かに暮らせる時代が来るのではないかという筆者の意見は、ロボットが人間を滅ぼすというSF的な話より、私にとっては現実感があるように思えた。

  • ・予測できないから「リーンスタートアップ」は間違っている
    ・「世の中の流れを読み、今どの場所にいるのが最も有利なのか適切に察知する能力」が大事
    ・未来予測のカギは「パターン」
    ・予測の次はタイミングの見極め
    ・常に原理から考える

    内容的には「未来を先回りする思考法」と同じなので
    新鮮味は感じられなかった。

  • 「未来予測の思考法」というよりは、近年のテクノロジー進化の流れをざっとなぞった内容。その分野に明るくない人にとっては、今さら聞けない基本を整理して知ることができるが、ある程度精通している人にとっては浅いかも。

    未来を前に進める方法は、何事も「必要性」から始まり、「点」ではなく「線」で大きな流れを捉え、そこから見出される『パターン』をもとに、「適切なタイミングで適切なことをする」ということ。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=13749

  • 未来を予測するパターン
    ①社会のあらゆるもののエントロピーは増大する
    ②ネットワークはピラミッド化型からハブ型、そして分散型へ
    ③テクノロジーは私たちを教育しはじめる
    などのパターンは覚えておきたい
    ■覚えておきたいメモ
    ・人類が国家を作ったのは生存確率を上げるため
    ・ヨーロッパのほとんどでは「孤独」は聖職者にのみ発生するものだった

  • 2015.08『未来に先回りする思考法』のリアレンジと言えるべき本著。来るべき未来の到来を早めること。私たちの仕事はこの一言に尽きる。いい理念。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

福島県生まれ。早稲田大学在学中の2007年に株式会社メタップスを設立し代表取締役に就任。2015年に東証マザーズに上場。フォーブス「日本を救う起業家ベスト10」、AERA「日本を突破する100人」、30歳未満のアジアを代表する30人「30 Under 30 Asia」などに選出。2017年には時間を売買する「タイムバンク」のサービスの立ち上げに従事。宇宙産業への投資を目的とした株式会社スペースデータの代表も兼務。
『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎)で「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」リベラルアーツ部門賞を受賞。

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)のその他の作品

佐藤航陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)を本棚に登録しているひと

ツイートする