伝わるシンプル文章術

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799322420

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文章力は人に説明するために必要である。
    文章力はレポートを作るのに必要である。
    文章力は自分を伝えるための必要なスキルである。

    請求記号:816/I27

  • 著者は国語辞典編纂者。作家や記者とは違う視点の文章術。

    「自分の考えたことを文章にして、読者に間違いなく伝えるには、どうすればいいか?」→「問題、結論、理由、想定される反論とそれへの再反論、結論の再確認」と言う形式に従った文章を書けばいい

    ということを丁寧に説明している本。

    まぁ確かにシンプル。基本形の一つと捉えていいのではないかな。

  • この本を読んで、文章を「問題」「結論」「理由」の三要素に分類して考えることで伝えたいことが明確になることを学んだ。これまでも説明に主観を入れては良くないと漠然と考えていたが、「問題」と「結論」の部分に主観が入っていても伝えたいことは破綻しないが、特に「理由」の部分に主観が入ることで、肝心の筋道が共感できないものになってしまうことを、深く納得することができた。
    この本では、「問題」の明確化が説かれているが、物事をどう解決したいのかをあいまいにした「課題設定」が良くないのと同様の理由で、解決のベクトルに客観性をもたせることを重んじているのであろう。
    この本で書かれていることは、具体的であり、論文を書こうとした場合のシンプルなフレームワークとして非常に有効だと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

飯間浩明(いいま ひろあき)
1967年、香川県出身の日本語学者、辞書編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得。代表作に『辞書を編む』があり、その他著作も国語辞典や日本語にまつわるものが多い。

伝わるシンプル文章術のその他の作品

伝わるシンプル文章術 Kindle版 伝わるシンプル文章術 飯間浩明

飯間浩明の作品

ツイートする