見るだけでわかる! ビジネス書図鑑

  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.49
  • (4)
  • (17)
  • (14)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 312
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799323816

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本の読み方
    ①広げる
    自分が今、何を求めているのか
    自分の思考面(興味関心)、行動面(スキル)
    で必要なことを明確にしておくとアンテナが立つため
    良い本と出会いやすくなる。

    ②読む
    基本的に1冊1つのメッセージを読み解く。
    不要な部分への取捨選択も必要

    ③残す
    なんらかの方法で残す
    読むだけでなくアウトプットする。

    ④変換する
    自分の思考面・行動面へ落とし込む
    行動に変換する。

  • 【Business】ビジネス書図鑑 / 荒木博行 / 20190621 / (33/765)/ <240/114521>
    ◆きっかけ
    本屋で発見

    ◆感想
    ・自問すべき問いが得られてよかった。これさえクリアにすれば、リタイア後にも活かせられる。

    ◆引用
    ・BOOK働くひとのためのキャリア・デザイン
    ★ーシャインの問い
    ①自分は何が得意か?
    ②自分はいったい何をやりたいか?
    ③どのようなことに意味や定義を感じるか?
    ★-アーサーの問い
    ①自分ならではの強みはどこか?(Know-Howを知る)
    ②自分があることをしたいとき、それをしたいのはなぜか?(Know-Whyを知る)
    ③自分はこれまで誰とつながり、その関係をどのようにいかしてきたか?(Know-Whomを知る)
    ーキャリアをドリフトさせる(よくわからないけど興味ひかれる機会)
    ・BOOKイノベーション・オフ・ライフ
    ー人のモチベーション要因のうち衛生要因(欠ければ不満につながる(給料))だけでなく、動機づけ要因(自分の内面の欲求を満たし、満足感につながるもの)も大切にする
    ー子供のカリキュラムマップをつくっているか?どれだけ人生で必要な講座の単位をとれたか。
    ー戦略は、時間や労力、お金をどのようについやすかという、日々の無数の決定をとおして生み出される。自分にとって大切なのはこういうことだと、公に宣言しているのだ。
    ・BOOKスーパーインテリジェンス

  • ポイントを押さえてわかりやすくイラストまで付けてくれているのは今までになく、記憶に残りやすかった。

  • グロービス荒木講師の書いたビジネス書紹介図鑑。
    絵がとても楽しく、適切にポイントがまとめられた良著

    メモ
    ・読書の4階層ピラミッド
    広げる アンテナを立て、対象の裾野を広げる
    読む 本の構造を理解する。つまり何が言いたいのか。そして、それを支えているロジック構成は何か。
    残す 脳内に残す。イラスト化、メモ、まとめなど
    変換する 自分だけのオリジナルの知恵に変換する。実践と対話。実践し、自分ならどう使うかを学ぶ。対話を行い、自分なりの素朴な問いをたてる。思考を落とし込む。

    ・ライフシフト 100年時代に必要な無形資産
    生産性を高める生産性資産
    健康や健全な家族関係 活力資産
    人との広いつながり、変化に開かれた姿勢 変身資産

    ・キャリアデザインの問い
    エドガーシャイン
    自分は何が得意か、自分は一体何をやりたいか、どのようなことに意味や意義を感じるか
    Mアーサー
    自分ならではの強みは、自分があることをしたい時それをしたいのはなぜか、自分はこれまで誰とつながり関係をどう生かしてきたか
    ・ティール組織 目的の理解と共鳴、個人の能力、らしさの最大発揮、セルフマネジメント
    3つのブレークスルー
    自主経営、全体性、存在目的

    ・戦略的とは中長期的で目に見えにくいことを考慮して意思決定すること。

    ・リーダーシップの旅
    LEAD THE SELF 見えないものがみえてしまった一人の決意からリーダーとしての旅がはじまる
    LEAD THE PEOPLE フォロワーができたとき新たなフェーズにはいる。
    LEAD THE SOCIETY この世界のため、次世代のためという想いに昇華していく
    人間力を磨く上で大切なことは 人の営みに対しての理解と尊敬の念を持つこと。

    ・なぜ人と組織は変われないのか
    自分を支配する裏の目標をあぶりだせ
    あぶり出し方。
    1不安から身を守る目標になっているか
    2この目標があればこの行動を取らざるを得ないという合理性があるか
    3表と裏がジレンマの関係性になっているか
    言語化し、自己を客体化することで、固定観念を解き明かす。
    人が変われないのは表の自分と裏の自分が紐を引っ張り合っているから。裏の自分を知り、真の人間理解を進めることが必要となる。

    ・夜と霧 いつかは決して来ない、今実践できるものだけが将来使えるものになる。自分の身の丈以上の学びを受け取り、自分ごとにまで落とし込んで、その学びを実践してみる この繰り返しでしか人は成長できない。

    ・空気の研究 空気とは状況から生まれる特定の解釈である。ほぼ思考停止状態でら生み出されるもの。

    ・ゼロトゥワン まずは独占を目指す。無駄に競争しないこと。
    思考放棄につながる4つの考え方。少しずつ今を改善すればいい。そこまでのリスクはとれないし。このままでもいいじゃん。そんな重要なら誰かが見つけてるはず。
    7つの質問
    エンジニアリング、技術 ブレークスルーはあるか
    タイミング 今が適切か
    独占 小さな市場で独占できてるか
    人材 正しいチームになってるか
    販売 プロダクトを届ける方法あるか
    永続性 10年生き残れるポジショニングできてるか
    隠れた事実 他社が気づいていない、独自のチャンスを見つけているか
    夢は大きく持ちつつ、ひっそりと小さなところから確実に支配する。

    ・ハイアウトプットマネジメント マネジメントの技術というのは、一見比較して同じくらいの重要度をもつ多くの活動から、テコ作用の優れたものをひとつ、2つ、あるいはせいぜい3つほど選び出して、それに集中する能力にある。

    ・失敗の本質 作戦の目的軽視が根源的課題。現場の判断遅延、独自判断、資源分散につながる。

    ・自分の小さな箱から脱出する方法 自分の本心を裏切ることが箱に入るということ箱に入る起きる4つのネガティブ1相手を貶めることが目的となってしまう2相手を箱に入れてしまう3周囲の人を敵味方に分断してしまう4居心地が良くて箱から出られなくなる。
    相手を一人の人間としてみた時、箱から出ることができる。あるがままの存在として見つめる。

    ・プロフェッショナルマネージャー 積み上げ式の課題は下に引っ張られる引力に負けてしまうこと。逆算だと上からの推進力となる。
    事実を見極めるため事実を揺すってみなくてはならない。そのためリーダーは日田mくきさ、知的好奇心、根性、無作法が必要。

    ・インターネットの次に来るもの
    FLOWING 流動化していく4プロセス
    1固定的希少 属人的にサービスを生み出す。普通の状態
    2無料 どこにでもある。コモディティ化
    3流動的 共有される。アンバンドル・リバンドルが生じる
    4オープンになっていく 消費者が創作者に。オープンに市場参加
    ACCESSING 所有しない世の中を支える5テクノロジー
    非物質化(サービス化)、オンデマンド化、分散化、プラットフォーム化、クラウド化

  • ともさん私物

  • サピエンス全史、ティール組織、ゼロ・トゥ・ワン、銃・病原菌・鉄etc…あのベストセラーって、要するにこんなことを言ってたんだ!イラストで読みとく最新&定番ビジネス書35冊。(e-honより)

  • 興味はあるけれど、とっつきにくそうで読んだことのないビジネス書のエッセンスを手っ取り早く理解できると思い、手に取った。(すでに読んだことのある本も数冊掲載されていたが、復習にちょうどいいと考えた)

    結論からいえば、私のレベルではあまり参考にはならず、きちんと読んでみたいと思わせる本も少なかった。特に、後半に紹介されている本は、チンプンカンプン。

    <紹介されている中で、これから読んでみたいと思う本>
    ①『ライフシフト』
    ②『隷属なき道』
    ③『GRIT やり抜く力』

  • 2019/03/01

  • グロービスがイラスト多めでビジネス書をわかりやすく教えてくれますが、読書後知識が残ってないのはなぜでしょう

  • 2019.02.22 高円寺あゆみ書店で見つける。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

グロービス
1992年の設立来、「経営に関する『ヒト』『カネ』『チエ』の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業を展開している。

グロービスには以下の事業がある。
●グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
●グロービス・マネジメント・スクール
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
(法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

「2019年 『ダークサイドオブMBAコンセプト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見るだけでわかる! ビジネス書図鑑のその他の作品

グロービスの作品

見るだけでわかる! ビジネス書図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする