新しい経営学

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
4.08
  • (22)
  • (32)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 569
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799325551

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 事例も多く読みやすくなっており分かりやすい。
    大学で教えていてるようにわかりやすく書かれている。

  • 三谷さんが経営に関する本を出したということで読んでみました。
    三谷さんの本は好きなので、全てではないけど、結構読んでいるはず。

    今回は、経営を俯瞰的に、しかも分かりやすく、
    そして、三谷さん流のエッセンスを加えて料理してくれています。
    三谷さん流エッセンスとは、MBAの基礎科目別(戦略とかマーケとか会計とか)に学ぶのではなく、
    ビジネスモデルを組み立てる際の重要な要素別(ターゲット・バリュー・ケイパビリティ・収益モデル)に学ぶことができる点です。
    なるほど、ビジネスモデルと経営って、
    こんな感じで繋がっていたのかと全体像を知ることができます。

    どうしても各要素はエッセンス(要約)にならざるを得ない部分がありますが、
    それでもこの本をまず読んでおけば、経営学の地図のようなものが頭の中にできて、
    より深く学んでいく際に全体像を見失うことなく学べそうです。

    同じ著者の「経営戦略全史」「ビジネスモデル全史」と一緒にどうぞ。

  • 経営学を「機能別」ではなくて、「目的別」に整理統合したもの。

    そうそう、経営学って、こんな感じでつながっているんだよね。少なくとも実務的には。

    が、なかなかこういうのが今までなかった。多分、部門横断的にかける人がいなかったんだよね。

    経営戦略の分野では、いまだにポーターのポジショニングとRBVの議論の紹介と実務的な策定プロセスくらいのところまでの「入門書」が多いが、それだけでは現実の世界の実務はまわらない。むしろ、理屈ぽくなって、害もあるかもしれない。

    入門書なんだけど、ビジネスモデルの新しいところまでをちゃんとおさえてある。さらには、経済学とか、経営戦略史もかんたんにおさえてある。(この辺は、2つの「全史」の資源活用か?)

    事例も、「越後屋」からはじまり、最近のネット企業系の事例も多い。

    やっぱ、入門といっても、その辺の新しいところまでをカバーしないと使えないだよね。

    という意味でも快挙だな〜。

    とくに初めて知ったという内容があるわけではないのだけど、頭のなかが再構成されていく気持ち良さがあって、久しぶりに「経営学」の本をワクワクしながら、一気読みした。

  • ・ビジネスモデルは4要素
     ①顧客:誰に対して?
     ②提供価値:どんな価値を?
     ③ケイパビリティ(オペレーション/リソース):どうやって提供するのか?
     ④収益モデル:採算はどう取るのか?

    ①顧客:誰に対して
     ・ST(誰に)P(他社との差別化)
     ・ターゲットは顧客以外にもいろいろ
      – 製薬だと、厚労省、健保、病院(薬事委員会)、薬局、卸

    ②提供価値:どんな価値を?
     ・ニーズとウォンツ
     ・使用価値(効用)と交換価値(値段)
      – 使用価値は、中核価値(基本機能:それがないと買わない)、実態価値(品質、ブランド、デザイン:それがあるものを買いたい)、付随価値(保障、アフターサービス、信用力:そうだとちょっとうれしい)
     ・B2BではQCDS
      (使用価値)
      – 中核:基本機能
      – 実態:QD
      – 付随:S
     (交換価値)
      –価格:C

    ③ケイパビリティ:どうやって提供する?
     ・リソースとオペレーション

    ④収益モデル:採算はどう取る?
     ・売上手法
      – 広告:利用者ではなく広告主
      – 替え刃:初期投資ではなく消耗品
      – サービス化:使用した分だけ
      – サブスクリプション:期間定額
      – フリーミアム :一部の人だけ
     ・固定費>変動費
      – 規模と稼働率
     ・固定費<変動費
      – 粗利率アップ

      

  • ⚪︎序章 経営学の全体像とこの本での学び方

    ・経営学は
     1経営戦略
     2マーケティング
     3アカウンティング
     4ファイナンス
     5人・組織
     6オペレーション
     の6分野と全社/事業の2レベルの組み合わせp25

    ・ビジネスモデルの4要素
     1ターゲット
     2バリュー
     3ケイパビリティ
     4収益モデルp30

    ⚪︎補章 ミクロ経済学基礎と経営戦略史

    ・ゲーム理論 囚人のジレンマ
     個々人の合理的で最適な意思決定の果てが、全体としては最悪の結果に至る
     ←どっちも自白する
     合理的な判断に基づく均衡点(ナッシュ均衡)が、全体を考えた最適な状態(パレート最適)と異なる場合を「非協力ゲーム」と言う。
     出版業界は書籍の販売冊数が半分になっても新刊の出版点数は減っていない。明らかに乱造するより丁寧に作って売った方が売れるはず…でもそうしないのは、各出版社が囚人のジレンマに陥ってるから。
     協力ゲームではパレート最適が実現できるけど…入札とかでそれをやると「談合」と言う犯罪になる。p282-285

    ・行動経済学 おとり効果
     わざわざ劣った商品を置くと、その隣の商品の価値を高く錯覚する。
     マックの単品は高くて誰も買わないのにメニューに載っている。
     人は絶対的価値を判断できない。大抵は相対的に判断する。
     なんでこんな商品が?こんな店がよく生き残れるな?このブランドって誰に向けたものかわからない…これがきっと気づきになる。p288

    ・人間関係論
     選抜しただけで、面談しただけで生産性が上がる
     ←人は経済的対価より、社会的欲求の充足を重視する。
      人の行動は合理的でなく感情に大きく左右される
      人は公式な組織よりも非公式な組織(職場内派閥や仲良しグループ)に影響されやすい
      人の労働意欲は故に、客観的な職場環境の良し悪しより、職場での(上司や同僚との)人間関係に左右される。
     ←チームや個人の状況に耳を傾け裁量権を与えてくれる上司のもとでこそ士気は上がり、生産性は上がる。
      公式な組織と非公式な組織がちゃんと一致している職場でこそ生産性は上がる。p291-292

    ・フェイヨルの「企業における必要不可欠な活動」
     1技術(開発・生産)
     2商業(販売・購買)
     3財務
     4保全(人事・総務)
     5会計(経理)
     6経営(経営企画・管理)
      →経営活動は①計画、②組織化、③指令、④調整、⑤統制のPOCCCサイクルを回すことp293

    ・コトラーの「マーケティングの体系化」
     1調査
     2セグメンテーション(市場の分割)・ターゲティング(標的となる市場を選定)・ポジショニング(競合に対してどんな差をつけるか)
     3マーケティングミックス(製品、価格、流通チャネル、プロモーションの4p)
     4実施
     5管理p296-297

  • 知識として読むべき、ただ経営学100年の結論がやってみなはれ、ってとこが泣ける。コンサルの限界だよね。

  • 新しい経営学というよりは、経営学入門。

    ■経営学は6分野の専門領域の寄せ集め
    ・経営戦略
    ・マーケティング
    ・アカウンティング
    ・ファイナンス
    ・人組織論
    ・オペレーション
    (+IT・テクノロジー)


    アカウンティング:資本、損益、キャッシュフローの財務会計と、状況・要因分析の管理会計。予算の立案・管理も含まれる。


    ファイナンス:株式や債券の発行、銀行借入、自己資金など資金調達手段を最適化し、各事業に配分する。事業・投資価値評価。

    ■ビジネスモデルの4要素
    1.ターゲット(狙うべき相手)
    2.バリュー(ターゲットに提供する価値)
    3.ケイパビリティ(バリューをターゲットにどう提供するか)。経営資源+オペレーション。
    4.収益モデル。誰に、どんな価値を、どうやって提供するのか、採算はどうとるのか

    バリューには3種類ある
    使用価値:顧客にとっての効用なので顧客により異なる。
    ・中核価値:基本機能
    ・実体価値:品質、ブランド、デザイン、特殊機能
    ・付随機能:保証、アフターサービス、信用力
    交換価値:需給バランスにより異なる
    知覚価値:広告

  • この本は、もとアクセンチュアの三谷宏治氏が19歳に経営学を伝えるためにこの本を書いたらしい。これは、瀧本哲史氏と同じ切り口の雰囲気。
    この本は、経営学を教科書的に書くのではなく、19歳向けに理解できる様に、ストーリーテリングで繋いで行ってくれる所に特長がある。ようは、19歳より上なら誰でも読める。
    だからと言って手抜きなんて無くて、世界のトレンドも盛り込んでトピックを説明してくれる。
    世界中の様々な企業の成功ケース、失敗ケースが書かれている中でも、補章に載っている本田技研の話が、面白かった。ようは戦略なんて無くて、かなり行き当たりばったりだったと。

    Amazonは物流網にフォーカスしていた話も面白かったが、この本には出てこないAWSも当初はテクノロジーとしてのweb serviceにフォーカスしていて、あまりパッとしない感じだったのだが、今や世界一のクラウド基盤となっているところも触れてくれていたらなお良かった。

    ただ単に経営学として先人の論を覚えても、いざ自分に当てはめて考えると色々と勘違いやら思い込みが先行したりするものだが、この本は様々な企業がその時代にどう言うアクションを取ったのか?どうしてなのか?など丁寧に説明されているので、また
    読み返したい。

  • まとめに良い。

  • タイトルの通り、経営学を三谷氏独自視点で編集再構築されたもの。、確かに初学者にわかりやすそうな印象。
    MBAの振り返りとしてもよい。

    メモ
    ・調べ、考え、整理し、伝える。この繰り返しが基礎力となり、経営視点を育てる。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

金沢工業大学大学院 教授
1964年大阪生まれ、福井で育つ。東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括。2006年からは子ども・親・教員向けの教育活動に注力。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の他、早稲田大学ビジネススクール・女子栄養大学 客員教授。放課後NPO アフタースクール・NPO法人 3keys 理事を務める。『経営戦略全史』(2013)はビジネス書2冠を獲得。永平寺ふるさと大使。3人娘の父。

「2020年 『戦略読書 増補版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三谷宏治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
冨田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい経営学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×