いとしの猫っ毛 2 (CITRON COMICS)

著者 :
  • シリカ編集部
4.32
  • (193)
  • (114)
  • (65)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1157
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799710784

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1作目を読んだのが大分前で内容を忘れかけておりましたが
    2作目を読み進めていく内におおまかな内容を
    ちゃんと思い出してきたので一安心、2作目も楽しく読む事ができました。
    この作品は前作1作目から変わらずほのぼのとした雰囲気のお話で凄く可愛いと思います。

    特別大きな問題がある訳でもなく、
    両想いになった2人の日常生活の様子が描かれているだけで
    普通なら飽きてしまいそうなところですが、
    住人さん方も皆個性の強い方ばかりでささいな事でも面白くなっているので凄いです。

    主要キャラ2人がお互いを想いあっている形がよくわかる ので
    読んでいてこちらも自然と嬉しくなったり悲しくなったり、
    キャラクター達と一緒にハラハラしつつ読み進めていきました。

    悲しい事はあまりなかったですが、
    やはりハッピーエンドが良いと思いますので良かったです。
    どこにでもいそうな普通の殿方のお話なので親近感をもって読む事ができる作品です。<t>

  • 2012-2-18

  • 絵が本当に上手い。子供の絵、表情などすごく上手い。ゆっちのあの目線!好きすぎる自分(気持ちわるいほど)。
    幼く可愛いだけと思ってたけいちゃんが、実はとても大人でした。かつ好奇心旺盛だったとは、今後も期待できます。甥っ子ゆっちとお姉ちゃんも登場して展開します。(基本同じ家にいるので、話の変化が難しそう。)

  • 過去編を読んでからの2巻目
    こっちを読んでからだと印象変わっただろうな~
    ほのぼのカップル最高です

  • 日野さんが気になります!オカマ嫌いなのにオカマちゃんなポンちゃんに追っかけられる悲劇の日野さんw まぁこの二人がくっつくことはないだろうとは思うけども…

  • 2巻目!
    やっと初Hに!

    ショタっこたちも登場して癒し度は
    1巻と同様に。手元においておきたくなる
    ほっこり感と愛着がわく漫画だなぁ。

  • 恵ちゃんがぐいぐい来てますね。ここまでくると逆にへたれなみいくんがかわいく見えてしまう(笑)←

    毎回思いますが、雲田はるこさんの絵が素敵で、カラー口絵だけでもかなり満足です。ほんとに。しかも程よくラブラブしてて←

    ほんとにこのシリーズ好き!

  • 読み終わるのがもったいなかった!みんなエロかわいい~♡w

  • 何故にこんな甘酸っぱくもエロいだけで面白いのでしょうか??
    同性の恋人という障壁も軽く乗り越え、 恋のライバルはいないし年の差もないし不治の病とか記憶喪失とか実は兄弟だったなんていうこともなく、ただただひたすら甘い生活。
    愛が全てな生活。
    ベタベタしてるだけの男女の恋愛漫画は読んだことないです。
    …でも読みたいかな、それ?
    やはりBLマジックなのか…。

  • 前作の続きですが、何と言うか…上手く言えないけど
    幸せそうで良いなぁ羨ましいなぁ…ってなる作品。
    緩やかに時間が流れていて、読んでいるこっちまで和むような。
    ほのぼのしていて、でもストーリーはしっかりしていて…
    とにかく色んな人に読んで欲しい作品です。

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。2008年、短編『窓辺の君』でデビュー。2010年より初の長期連載『昭和元禄落語心中』を「ITAN」(講談社)にて執筆開始。2014年第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞・一般部門を受賞。2017年手塚治虫文化賞の新生賞を受賞。同作完結後は三浦しをん原作の『舟を編む』をコミカライズ連載中。そのほかBL作品を多数発表。

「2017年 『落語の入り口』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとしの猫っ毛 2 (CITRON COMICS)のその他の作品

雲田はるこの作品

いとしの猫っ毛 2 (CITRON COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする