変愛 (シトロンコミックス)

著者 :
  • リブレ出版
4.18
  • (85)
  • (57)
  • (35)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 663
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784799714331

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はらだ作品なので覚悟してかかったはずなのに、初っぱなからエロ。ちょう濃い。このエロ本どうしたもんだろ…と読み進めると、やられました。コメディです。そうだった、はらだサン面白いんだった。
    表題作は受の趣味に付き合っている内に、攻も充分アブノーマルになっていたってゆー可愛いお話。素質ありすぎだって 笑

    『止まり木』はメルヘン入ってて苦手…。もともと絵が苦手なほうなんで萌えなかった。。
    『メシアの厄日』は、生まれつきの神舌テクでメシア様と呼ばれる程、沢山のEDを解消し荒稼ぎしていたタチ専が、タチ専キラーに喰われちゃったってゆーw このタチ専キラーが本当クズで、いちいち腹ただしいんだけど、開発技術がプロすぎて萌え死ぬ。一発でネコにハマったメシア様。マジ向いてるよ、うんw

    『俺の同級生が〜』は興味本位で童貞同士がフェラし合いっこしている内に、彼女いらなくなっちゃう話。攻の学生らしいガッツキようといったら…アホ過ぎて愛おしいww なんだかんだ言って、攻に付き合っちゃう受も可愛い。。

    『教室の歪み』は…歪み過ぎてて引いちゃう人多いだろーな。ウチは病み系すきだけども。好きな人の物になるのも愛だよなー。その物をずっと手元に置いておくのも愛だよなー。大人はズルイからねww ただ、巻き込まれた保健委員は可哀想。変な扉こじ開けられたよね!絶対目覚めちゃったよ!!はらだサンにクズ人間描かせたら右に出る者がいないよね。この散りばめられた愛を探すのが幸せ。

    一冊まるまる個人名がないので、自分の中のイメージが広がりやすかったです。はらだサンは短編強いなぁ!

  • 久しぶりにBL!って言うのに出会いました。
    萌え要素、エロ要素、ギャグ要素、それぞれがうまい具合にマッチしていて、作者さんのいろんな意味でのバランス感覚がすごいと思う。
    特にエロとギャグの配分が個人的にはとても好きでした。
    BLは、切ないのでなければエロく笑えるべきだと思うので、この作者さんの振り切り具合がとても好きです。

  • 天使の話がかわいくて好き。

  • 短編6編、うち2編は同じシリーズ。
    表題作のタイトルが秀逸すぎる。
    タチ専タチの方と先生のいっちゃってる目にやられた。

  • 天使の子、好きだなー。ちょっと泣けるし。クズにも天使は舞い降りるんですねっていう幸せ。

    最後の先生と生徒のも、先生の支配欲みたいなのが堪らなくて、支配してるようで、実際されてるのはどっちなんだ?っていう醍醐味的なのがー!(笑)

  • いろいろ発想が面白かった

  • エロい。すげーエロい。
    メシアの厄日と同級生同士の話が好き。

  • この方の絵は目元が独特だよね。
    本編読み進めるうちに気にならなくなるんだけど、表紙だけ見てると手に取るのをちょっとばかり躊躇する。

    先生の話はすみません趣味に合いませんでした。
    個人的な好みの問題です。
    ノーマルに幸せな話が好きなんです。
    あとは、面白かったです。

  • 良かった。可愛かった。

  • 今作はどうしてもはらださんが同人活動をしていた時のカップリングにしか見えなかった

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はらだ
BL漫画家。

はらだの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

変愛 (シトロンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする