剣と霧 2 (ビーボーイコミックス)

著者 :
  • リブレ出版
3.79
  • (5)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799725054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 攻めの嫉妬…///
    いやぁ、捕らわれた受けを助けにくるシーンがめちゃ萌え。。
    衣装、筋肉、髪型、眼福もの。

  • ジエン✕ウーの第2弾。
    お互い背中を預け戦う場面が好きだなぁ♪
    ウーと出会い人を愛することを知ったジエンの『狼』としての決断… ウーもまた恋をして『狼』の血などいらないと涙する… バッドエンドを考えてしまったのでホッとしました。
    ただ、もうちょっとじっくりと読みたかったなぁ…
    エチシーンは色っぽくてうっとりでした。ちみっこ描き下ろしは相変わらず可愛い♡
    完結なのは寂しいけど2人のその後が読めて嬉しかった。

  • 普通に面白かった。綺麗な形でスッキリ終わったと思います。1巻の内容少し忘れてたので読み返さないと。

  • 敵対する南と北の「狼」と呼ばれる暗殺者が活躍するアクション中華ファンタジーの完結編。
    ジエンもウーも二人とも剣の達人で、迫力あるアクションシーンがみどころです。背景も服装も全部カッコいい。
    そして、ライバルなのになぜか肉体関係はあるwwのがツボです。
    えって思うくらい二人の距離がどんどん近くなってきていて、相手への情が隠しきれなくなっているのに喜!

    共闘とかって、実は相手に対する愛としか思えないんですけど!相手への信頼がハンパないです。
    これこそ♂×♂の醍醐味ですね。
    朴念仁で鈍感なジエンと、ツンデレなウーのやりとりはどこをとっても萌えました…

    そして、今回はジエンに仇討ちの宣告が届けられるという大きなヤマ場を迎えます。
    血も涙もないはずの狼が愛を知った時、どうなってしまうのか…?
    私的には、ジエンとウーが自分達の幸せのために選び取った決断を心から良かったと思いました。
    強さやカッコよさも必要だけど、もっと大事なものに気づくことができた二人は素晴らしいです。

    恒例のちびキャラがやっぱりカワイイ。本編の二人もすごくかわいくなってたけど、このちびキャラのジエンとウーもめちゃかわ~!!きものバリーッ!て甘えるウーがたまらないです。
    エロ的にもラブラブで濃厚で大満足。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

9月14日生まれ、大阪在住。「あやしの君の恋煩い」(リブレ出版)にてデビュー。
力強い画力と繊細な心理描写で人気の漫画家。現在、数社にわたり作品を連載中。

「2016年 『左遷も悪くない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

剣と霧 2 (ビーボーイコミックス)のその他の作品

琥狗ハヤテの作品

ツイートする