THE DOLL [小説] (ビーボーイコミックスデラックス)

著者 :
制作 : 咎井 淳 
  • リブレ
3.60
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799733042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ‪ドール(アンドロイド)のお話です。
    GP先生らしく、最初は痛々しいシーンもありますが、ドールの秘密を知った辺りからどんどん惹き込まれて一気に読んでしまいました。

    ドールはユーザー(主人)が喜ぶような返しをするようにプログラムされており、ドールとの恋愛を「自分自身と恋に落ちるようなものだ」と冷めた目で見ていた主人公が、実際にドールと出逢い、彼の秘密を知った事で、徐々に心境が変化していくのがこの作品の見どころかなと思います。

    ‪性的な描写はほぼなく、BLというよりサスペンス色が強いです。

    元は凄く救いのないラストだったようですが、読者さんから主人公を心配する意見が多々あり、今のラストに変更されたようです。
    そのせいか、ラストの背景に疑問が残る部分があり、その辺りはもう少し詳しく知りたかったです。
    また、会話の中でドールと人間の寿命の差の問題にも触れているので、その辺りの結末も知りたかったです。

    ですが、二人の関係性については読者に判断を委ねると言うような事があとがきに書いてありますので、その辺も自分で考えて答えを出して欲しいという事なんでしょうか。

    今回はハッピーエンドではありますが、あとがきの「たくさん文字を読んだご褒美として、ハッピーエンドがもらえることに読者がなれちゃっている」という言葉には、ドキリとさせられました(^_^;)

  • あっさりアサリ汁のなんちゃってノワール小説。
    ( ̄◇ ̄;)エッ……って感じの内容。
    絵が綺麗なのが救い(*´Д`)=з
    前半の雰囲気は凄く良かったのにご都合主義的な終わり。
    どうしてそうなったのか
    その過程がすっ飛ばされてる感じがモヤモヤ。

    ギャラに応じてあらゆる仕事を請け負うリンチは
    巨大企業グループの会長クロフォードがら連れ去られたDOLL・カイ(アンドロイド)を見つけ出して欲しいと依頼される。
    たかがアンドロイドと思っていたリンチはカイを発見…
    カイに触れ
    カイの誕生の秘密を知り自分の感情に変化が…!?

全2件中 1 - 2件を表示

THE DOLL [小説] (ビーボーイコミックスデラックス)のその他の作品

THE DOLL【イラスト入り】 Kindle版 THE DOLL【イラスト入り】 Guilt|Pleasure

Guilt|Pleasureの作品

ツイートする