きつねに嫁入り -眷愛隷属- (ビーボーイノベルズ)

著者 :
  • リブレ
4.00
  • (6)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799734872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 楽しかった!と思ったら、シリーズものの二作目だったんですね。順番間違えた。
    溺愛していても、受への好意自体自覚してない傲岸不遜な攻は初めてで超新鮮でした。でもって、攻に無理矢理されても落ち込まない元気な受も同じくらい新鮮!
    眷属の狸も可愛かった。パワーアップシーンの挿絵は思わず笑った。可愛いのが好きなので元に戻って(´▽`) ホッ
    続きが読みたいけど、とりあえず一作目から。楽しみ。

  • 2冊読んでの感想、絶対好きだと認めない狐憑きの最強退魔師×猪突猛進系の子狸憑き新米退魔師のお話。
    意地っ張りな二人の間に入る子狸が可愛らしいです。
    メインの退魔師としての話は予定調和なんですが、二人の関係性は面白く感じました。まだ三男坊で続きでそう、というか完全にくっついてないから絶対に3冊目でるはずw

  • ★3.9

  • 前回はそれほど萌えなかったんですが、攻めが(認めたがらないけど)受けを好き過ぎてたまりませんでした…!ちょっと「不浄の回廊」っぽくてどはまりしそう。続き楽しみ~♪

  • このシリーズはかわいくて(?)好きだ!
    笠井さんの挿絵も抜群・・・特に子狸が(笑)。

    早く次のお話が読みた~い!!

  • ひぃーっ!(≧∇≦)千枚通し!クライマックスで笑かしてくれた。このツン攻めは好みじゃないので続編迷ってたけどコミコミ特典笠井様クリアファイルに釣られて買ってこのシーン(199頁絵も)だけで報われたわ(ごめん)。更に「白狐が君に礼を言えって言ってるけど、俺は言わないから」にキュンときたのでまた次も買うのかなぁ。慶次も覚醒しないかなぁ。

  • 前作に引き続き面白かった!
    有生が慶次に惹かれた様子、慶次の力が消えてしまった理由の片鱗が明らかにされている。
    大好きなのに認めない有生と
    惹かれ出しているのに認めない慶次。
    まだ意地の張り合いをしているので、もの足りない気がするけれど、感情を認めあう過程は今後の楽しみの一つかも。

    慶次とリンクする待ち針の変化も面白かった。

    眷属を中心とした悪霊退治ものとしてエロ無しでも十分面白いけれど、エロがあるからその何倍も面白い。

    星4の理由は1巻ほど次巻に対するワクワク感を感じなかった(弟や妖魔使いにさほど惹かれなかった)ので星4にしました。

  • 続き待ってました!恋愛未満の不器用二人が読者には分かるようになって、もーこいつら可愛いなぁ!まち針も可愛い。前巻では話し方がちょっとイラッとしたんですが、今回は可愛かった!(どこが違うんだろ?慣れかな?)慶次も強くなろうと思えば強くなれそうだし、続きを是非読みたいですね!

全8件中 1 - 8件を表示

夜光花の作品

ツイートする